扶養外 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

扶養外

マネー 家計・ライフプラン 2007/10/25 17:58

私は今週3回パートしています
子供は保育園に預けています
扶養内だと残るお金が少ないため扶養から外れようと
思っているんですが
いまいち扶養内・外がわかりません。
今のとこがんばって月に11万ぐらいです
こういった場合はどうなりますか?

のんmamaさん ( 埼玉県 / 女性 / 23歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養についてご説明します

2007/10/25 18:45 詳細リンク

のんmama様初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

扶養には二種類あります。?所得税の扶養と?社会保険の扶養です。
?は所得税の配偶者控除を受けられ上限金額でパート収入の103万円以下が扶養の条件です。?は社会保険の扶養に入れる給与の上限が130万円になります。のんmama様の月11万円の収入は、?の扶養からは外れ、?の扶養に掛かるかどうかのレベルになります。

?は、配偶者が夫と同一生計を営んでいる場合、ご主人の所得税について配偶者控除が受けられ、のんmama様は所得税が掛かりません。
従いまして、配偶者のパート等の給与が103万円以下の場合は、ご主人に掛かる所得税が安くなることになります。103万円を超えた場合は、配偶者に所得が発生しますので、ご主人は配偶者控除を受けられません。ノンmama様も扶養から外れます。

但し、ご主人の所得が1000万円以下などの要件に該当すれば、配偶者特別控除が受けられます。配偶者特別控除額は103万円超105万円 38万円、110未満36万円など段階性になっていてのんmama様の給与が141万円以上になると受けられません。

一方?は、配偶者が夫の健康保険や社会保険の扶養者となれる数字を指します。この金額を超えますと、のんmama様ご自身が勤め先の健康保険や社会保険に加入するか、ご自身で国民健康保険、国民年金に加入しなければなりません。

お働きになる場合は、社会保険に加入できる事業所で給与が150万円以上になる仕事に就かれるようお勧めします。このレベルであればご主人との合計収入も減らずに、ご自身の将来の年金が増え、雇用保険、労災保険の適用や健康保険の諸制度が使えます。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

基本的な考え方ですが

2007/10/26 01:39 詳細リンク

のんmamaさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

扶養内・扶養外という概念は「税金面」と「社会保険面」がありまして、この2つはまったく別のものです。

まず「税金面」ですが、パート収入は「給与所得」となりますので、年間収入が162.5万円以下であれば計算上65万円を差引くことができることになっています。さらに「基礎控除」というものが38万円差引くことができますので、合計103万円(65万+38万)を年収から引けるということになりますよね。

この仕組みによって、年収が103万円以下であれば所得税が掛からないということになるわけです。しかもこの範囲内であれば、配偶者の扶養に入ることが可能になり、配偶者の所得税を計算する際に「配偶者控除」というものを差引くことができるのです。
簡単にいいますと、ご主人の所得税が若干少なくなるということです。

次に「社会保険面」ですが、こちらは年収が130万円を超えなければ、健康保険と年金について配偶者の扶養に入ることができます。逆をいえば、130万円を超えた場合、扶養から外れ、自分自身で健康保険料や年金保険料を支払う必要が出てくるというわけです。

税金の場合は「年収が103万円を超えた分」に対して一定の率で掛かるだけですが、社会保険は130万円を超えた場合に、保険料負担が新たに発生しますから、「収入が増えたのに手取りが減ってしまう」ということが発生する点に注意が必要です。

ご主人の職業(会社員か自営業かなど)によっても、計算の仕方などが違ってきますが、まずはこの辺りを目安にしてみてください。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養控除の基準は103万円です!

2007/10/27 02:00 詳細リンク

のんmama様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、のんmama様からのご質問につきましては、扶養控除内を考えてご回答させていただきます。のんmama様の最大年収は132万円(11万円×12ヶ月)を基準に考えますと、103万円超ですのでご主人さまからの給与所得控除としては配偶者控除ではなく配偶者特別控除の適用とされます。そして、控除額は38万円ではなく11万円となります。さらに、103万円超の年収になりますと、所得税および住民税が掛ります。つまり、控除のボーダーラインが103万円ということになります。
以上

今後、ご不明な点等がございましたら、お気軽にご連絡をお待ちいたしております。
携帯:090−9313−0247
Fax:03−6789−3125

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件
家計診断お願いします ぴぃちゃんさん  2014-06-14 06:08 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)