自宅事業所とバーチャルオフィスの住所や経費について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自宅事業所とバーチャルオフィスの住所や経費について

法人・ビジネス 独立開業 2013/07/29 18:25

度々質問申し訳ありません。色々調べるにつれ疑問がたくさんでわからなくなってます。お力添えいただけましたら宜しくお願い致します。

領収書や名刺に記載する住所などについて質問していたのですが
1,住所をバーチャルオフィスにした場合は提出する開業届けにバーチャルオフィス住所は書くのでしょうか?
バーチャルオフィスは住所を借りるだけのつもりで、基本的に仕事や電話受付等は自宅でする予定です。
2,自宅で仕事してた場合に、仕事しながら飲み物や食事をした場合は必要経費に入りますか?
3,拠点が自宅での仕事が主なので、そもそもバーチャルオフィスの住所を借りることじたいおかしな話になるのでしょうか?
4,例えばバーチャルオフィスの住所を領収書や名刺に記載してた場合は、自宅での仕事は必要経費として認められませんか?
5,仕事に必要な備品をネットで購入した場合は、請求書や領収書を出してもらうつもりですが、届け先はバーチャルオフィスの住所に届けてもらうのでしょうか?自宅での受け取りを希望してます。

たくさんすみません。ご教授よろしくお願い致します。

kupraiさん ( 茨城県 / 男性 / 45歳 )

回答:1件

田中 紳詞 専門家

田中 紳詞
経営コンサルタント/ITコンサルタント

- good

回答致します。

2013/07/30 20:08 詳細リンク

こんにちは。
同じ回答者で恐縮ですが、回答致します。

1については、まず税務署に提出する下記の届け出をご覧ください。

個人事業の開業・廃業等届出書
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/04.pdf

こちらに、「納税地」の他に「上記以外の住所地・事業所等」とあります。
要は、管轄となる税務署がバーチャルオフィスの住所になるか自宅の住所になるかなのですが、まさにこういったケースなどに記載します。

ご自宅を事業の住所とする場合は納税地にご自宅の住所だけを書いてもよいかもしれませんが、バーチャルオフィスを借りるなら、恐らく名刺にはバーチャルオフィスの住所を書くはずです。つまり、事業に使用するわけですから、書いておいた方が良いと思います。
書いておかないと、バーチャルオフィス分の経費が認められない可能性もあります。

ちなみに、下記リンクは所轄の税務署ですので、参考までに。

税務署所在地・案内(茨城県)
http://www.nta.go.jp/kantoshinetsu/guide/zeimusho/ibaraki.htm
国税局の所在地及び管轄区域
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/kankatsukuiki/syozaiti.htm

こちらのページなども参考になるかと思います。

役所手続きの方法 > 個人事業主の場合
http://www.office-start.com/procedure/individual.html

2については、教科書通りに回答すれば経費にはなりません。
ただ、来客用に用意しておいたコーヒーやお茶を自分で飲んでしまったり、自分だけで食べてしまったデリバリーのピザ代を会議費で処理してしまう方はいるようです。

3については、そんなことはありません。
自宅を事務所にする個人事業主は多くいますが、仕事とプライベートは分けたい、会議スペースが自宅に無いので別途必要、飛び込み営業に来たら迷惑、仕事でトラブルがあると家族を巻き込んでしまう可能性があるから、広くて綺麗な会議室を使ってるぜ俺アピール(案外大事です)など、利用の目的は様々です。

4については、「事務所(仕事をする場所)が複数あってはならない」という決まりはありませんので、自宅の分も経費になります。
特にバーチャルオフィスを打ち合わせメインで使い作業はご自宅ということであれば、更に問題ありません。

ただし、100%が計上できるわけではなく、事業でどれだけ使っているかの割合によって処理し、例えば50平米のうち25平米を仕事部屋にしている場合は、半分を経費とすることができます。

この比率や金額は明確なルールはありませんが、「妥当性」という言葉が重要です。
例えば、上記の場合は否認されることはないと思いますし、仮に四畳半の部屋で家賃が3万円の場合だと面積で分けることは中々難しく、また金額も小さいことから100%でも否認されないかもしれません。
逆に、300平米で家賃が月100万円の自宅兼事務所で50%を経費として扱うと「そんなに事業に使ってないでしょ」と突っ込まれることもあるでしょう。

5については、事務所とバーチャルオフィスの二択であれば特に問題になりません。

例えば、事務所の応接用にソファを買ったという名目で経費にしたのに、届け先がご友人の家・・・というのはどう考えてもおかしいですが、客観的に整然と説明が可能で疾しくところがなければokです。

バーチャルオフィス
名刺
家賃
個人事業
経費

回答専門家

田中 紳詞
田中 紳詞
(東京都 / 経営コンサルタント/ITコンサルタント)
株式会社Exciter 代表取締役/主席コンサルタント
03-6280-3255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

業務システムからモバイルまで、IT業界の無差別格闘家

専門はSAPなどの業務システムとコンサルティングですが、それに限らず企業にとって必要なITとその活用を考え、幅広い分野の経験を積んできたと自負しております。ITには多くの分野がありますが、一面ではなくトータルで勘案したプロの仕事をお届けします。

田中 紳詞が提供する商品・サービス

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主の開業届と経費について enjmrxsさん  2013-08-05 15:32 回答2件
2つの専門職で独立開業は可能か hannah.mさん  2014-03-08 21:48 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
エステサロンでの起業 準備物などの経費について あーりーままさん  2012-07-12 01:30 回答1件
開業前の経費 サンクルクルさん  2012-06-15 14:56 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)