普通解雇 - 人材採用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

普通解雇

法人・ビジネス 人材採用 2012/03/16 16:30

東京で5年弱営業職で勤め上げて参りましたが、(毎年予算達成)社長賞受賞の翌年に、何のいわれもない退職勧奨がありました。
退職勧奨に応じないと、普通解雇の通知が渡され、その後裁判。
わたしが悪くないということが、裁判で立証され、慰謝料等をもらいました。

そんなこんな退職から8か月。

結婚の為、関西に引越し、再度転職活動をします。

退職理由は、履歴書、職務経歴書、面接ではどのように答えればいいでしょうか。

laycaさん ( 東京都 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

事実に基づき対応しましょう

2012/04/08 19:00 詳細リンク

Laycaさん、こんにちには。
ご質問にお答えいたします。

まず、結論を申し上げます。退職理由は、事実に基づき対応することです。
1.履歴書に「会社都合による退職」と記載します。
2.職務経歴書に退職理由を記載する必要はありません。
3.面接時は、退職理由の事実を端的にまとめ、伝えます。

それでは、詳細を説明いたします。
事実に基づき対応することは、以下の理由があるためです。企業は、採用活動の際に履歴書、職務経歴書、面接を実施し、求職者の能力や資質を見極め、採用基準に該当するかを判断します。そのため、求職者は、その判断を誤らせないためにも、職歴等は事実に基づき告げる信義則上の義務があります(民法第1条第2項)。採用時に解雇の事実を伝えないことで、後々経歴詐称などのトラブルになり、採用取消や懲戒解雇になる場合もあります。

次に、Laycaさんの普通解雇の経緯を確認しますと、不利になるような内容ではないので、採用活動時の足かせにはならないと考えられます。
採用担当者が採用時に見るポイントは、「1.前職務の経験」、「2.応募企業で貢献できる人材かどうか(応募企業が求める人材)」です。

これらを踏まえ、履歴書、職務経歴書、面接時のポイントは、以下のとおりです。
【履歴書の作成ポイント】
履歴書は、各項目を端的にまとめて記載し、詳細は面接時に話します。

【職務経歴書の作成ポイント】
職務履歴書は、具体的にどのような業務を経験し、どのようなスキルを身に付けたのかを書くことが重要です。また、応募企業がどのような人材を求めているのかを把握し、自身のスキルをどのように活用できるかをアピールすることが大切です。Laycaさんは、営業職で社長賞を受賞していますので、受賞歴はもちろん、毎年の目標達成数値、目標を達成するために工夫・実施していたこと、応募企業で活かせる点などを記載すると良いでしょう。

補足に続きます。

補足

【面接のポイント】
面接は、履歴書、職務経歴書に沿って実施されることになります。その中で、退職理由は必ず質問されると思っておいた方がいいでしょう。ポイントは、退職理由のやりとりに時間をかけず、前職での経験・身に付けた職務を、応募企業でどのように活かせるか・貢献できるかをアピールすることです。Laycaさんは、社長賞など実績がありますので、その点をアピールしてはいかがでしょうか。退職理由は、「会社の業績悪化」が原因と推測いたしますが、経緯を一つ一つすべて細かく話すより、事実を端的にまとめて話せるように準備しておくと良いでしょう。
以上です。

Laycaさんの良き出逢いがある事を心より祈りいたします。体調管理にもご留意ください。

履歴書
解雇
面接
職務経歴
採用

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社の真意がわかりません。 anzjam1さん  2010-10-08 11:57 回答2件
1人経理を派遣社員に任せるのは間違っているか? ピ―子さん  2015-03-20 16:05 回答1件
中途採用時の注意点(転職回数が多いケース) scottieさん  2012-01-04 10:47 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)