夫婦共有のものとは考えないようです - 早乙女 明子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
早乙女 明子 専門家

早乙女 明子
建築プロデューサー

- good

夫婦共有のものとは考えないようです

2007/06/14 13:42

もこもこさん、こんにちは。
時間がたっていますが、どなたも回答なさらないご様子、私自身も回答の仕方を選ぶ質問だなと、お見受けいたしておりました。
ガウディのさおとめです。

私自身は税の専門家ではなく、不動産が専門なので、私のこれまでの経験でのお話となりますが、

不動産購入の際には、夫婦の預金口座が夫婦の共有という考え方は基本的には通らないようで、各個人の通帳のお金は、固有の財産ということになるようです。

現実は、

ご主人の給与を生活費
ご自身の給与をそのまま貯金

よってもこもこさんの口座残高が多い。
そのまま払うけれど、持分は均等にしたい、と考えていらっしゃるのですよね。

ご夫婦ですから、そう考えても自然、と言いたいところですが、

『不動産売買』『個人所得』『それに関わる税』の問題ですので、もこもこさん名義の口座から支払ったら(振り込んだら)もこもこさんの持分が多くならないと、不自然なのです。

ご質問の、夫婦共有のものと考えてはいけないのか?
という件は、いけないのではなく、『そうしないのが一般的』のようです。

出費が多いのに登記上の持分は均等にするわけですから、ご主人分に充当する分は贈与、

そのことを''事前に知っているか知らないか''、がポイントです。

大変失礼な書き方かもしれませんが、このようなことは、誰しも知りえない、日常あまり考えないことの1つ、しかし知らないと、納得が行かない状況になってしまうコト、

知らないでは済まされない税の話だと思いますので、同世代の皆さんにも注意して頂きたく、このように書かせていただきました。

回答専門家

早乙女 明子
早乙女 明子
( 東京都 / 建築プロデューサー )
株式会社ガウディ 代表取締役
03-3409-2601
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不動産取引から設計デザインまで

住まいや店舗などの空間と、真摯に向き合いたい。・・・不動産取引を数多く重ねた結果の結論。完成した空間に自分を合わせるではなく、『自分に合わせた空間をしっかりと作りたい』と考えていらっしゃる方の、お役に立てたら幸いです。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫婦間の贈与税について

住宅・不動産 不動産売買 2007/06/05 11:12

妻の私は昨年春までフルタイム勤務してきましたが,今は退職して専業主婦になっています。マイホームを建てるにあたり土地を購入しますが,その代金を働いていたときの給与の振り込まれる口座から一括支払いす… [続きを読む]

もこもこさん (鹿児島県/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入資金と口座名義について くん2歳さん  2008-12-25 23:55 回答1件
マンション購入の支払について ykjkさん  2012-05-21 12:00 回答1件
住宅購入における夫婦の貯金の取り扱いについて よっきさん  2010-03-06 16:04 回答1件
住宅購入時の贈与税について ゆめおさん  2010-02-14 14:45 回答1件