家計診断の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/11/19 09:00
(
4.0
)

さあさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『何か良い貯蓄方法や削れるところがあればお聞かせください。』につきまして、例えばご主人様の手取り月収金額を25万円とした場合の住宅ローンの負担割合は41.6%にもなってしまいますので、この水準にまでなってしまうと家計を維持していくことは難しいと思われます。

他の家計支出につきまして、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、住宅ローンの借り換えなどにより返済額を抑えることができれば、家計収支は改善させることができると考えます。

住宅ローンの借り換えを行うことでメリットがでるための目安として、
・借入残高が1,000万円以上残っていること。
・返済期間が10年以上残っていること。
・現在のローン金利と借り換えた場合の金利差が1.0%以上あること。
などとなります。

ご主人様とも一度話し合ってみてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

さあさんへ

お返事をいただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

さあ さん

ありがとうございます。
やはりローンが負担になってますか...
家購入時は昇給もありましたので、それを見込んででしたが、収入が下方下方になってしまって(^_^;)
金利は2.01パーセントだったので1パーセント前後の金利って事ですよね。
残高と期間はばっちり当てはまってますが金利が難しそうです。
でも一度主人と話し合って、銀行などを調べてみたいと思います。
ローンの具体的お話ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計削れる所

マネー 家計・ライフプラン 2009/11/18 16:44

私36歳、夫45歳です、夫婦二人です。
私は持病があり、働けません。
夫は現在転職を見込んで勉強しながら仕事をしています。
夫の現在の職業は日給月給なので、給料がばらばらで収入も不安定です。
少ないときで25万… [続きを読む]

さあさん (大阪府/36歳/女性)

このQ&Aの回答

家計改善の考え方と手法について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/18 18:13
個人年金は残す 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/18 20:54
削れるところ 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2009/11/19 00:35

このQ&Aに類似したQ&A

家計相談…もう限界です peridotshinyさん  2011-09-10 01:07 回答3件
どんどん家計が苦しく・・・ minminmamさん  2011-06-02 18:23 回答3件
家計診断お願いします ぴぃちゃんさん  2014-06-14 06:08 回答2件
医療費が増えた為家計診断してください。 renntiさん  2011-03-19 21:52 回答3件
家計診断お願いします。 happy_tomoさん  2013-07-28 09:46 回答1件