屋根裏を換気 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

屋根裏を換気

2009/10/11 22:01
(
5.0
)

キョロ@さんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡と申します。

冬の最低外気温を-5℃、室内快適温度を20℃とすると、温度差は、25℃、
夏の最高気温を38℃、室内快適温度を28℃とすると、温度差は、10℃
と、夏の方が少ないエネルギーで快適温度を得られるように見えます。

ところが、真夏炎天下の屋根は、60〜70℃に達するので、快適温度との差は、40℃近くなることがあります。
さらに、窓から日が差し込んだり、人からの熱の負荷が加わるため、夏の方が快適温度を保つのは難しいです。

屋根の構造の詳細がわからないので、はっきりしたことは言えませんが、天井断熱で屋根裏の換気は軒裏換気のみ、ということで、屋根裏がかなり高い温度になっている可能性があります。

天井断熱があっても、その上が長時間高温状態だと、2階は暑くなってしまいます。

暑さを解決するのに、最も効果的なのは、屋根裏の温度を下げる事=屋根裏を十分換気することです。

屋根は切妻ということなので、両側の妻面に、十分なサイズの換気口(+ベンドキャップ)を付けることで、屋根裏換気をすることができます。(自然換気、又は強制換気)


ご質問の遮熱シートは、断熱性能はなく、熱線を反射するだけです。
屋根裏内の空気が暑くなっているので、ご指摘のように、天井断熱の上の設置は、効果ないと思います。

屋根表面であれば確実に効果が出ますが、事実上不可能です。
屋根近くでも、屋根の下ではどうでしょうか、屋根自体が熱くなっているので効果少ないかもしれません。

最も効果があるのは、屋根面にも断熱し、屋根裏を換気することだと思います。

参考にしていただけたら幸です。

パルティータ建築工房サイトはこちら
東京都中野区の建築設計事務所 注文住宅/二世帯住宅/リフォーム

住宅の疑問にこたえる、「住宅こたえるね!ット」はこちら

評価・お礼

キョロ@ さん

回答ありがとうございます。
断熱と換気が重要なんだと改めて痛感しました。
妻面は東西ですので、それぞれ150mmの通気口を開け、東側より吸気し西側へ排気ファンを取り付けようと思います。屋根面の断熱は来夏までに予算と見合わせてながら選定していきたいと思います。
大変参考になりました。構想を練り直し来夏までにじっくりと取り組んで生きたいと思います。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/10/10 23:47

昨年、木軸在来工法で新築したのですが、夏場の2階居室は暑く、夜も寝苦しいです。
 そこで天井裏にタイベックシルバーかパーフェクトバリアアルミ遮熱シート(いずれも透湿性)をDIY施工しようと考… [続きを読む]

キョロ@さん (福井県/41歳/男性)

このQ&Aの回答

具体的な方策として 野平 史彦(建築家) 2009/10/12 12:42

このQ&Aに類似したQ&A

外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
鉄骨住宅の暑さ対策について shimaebi777さん  2010-11-01 19:41 回答1件
外断熱における吸音対策 tkofji0911さん  2007-10-24 16:24 回答1件
本当の意味での健康住宅 九左衛門さん  2005-11-22 08:08 回答6件