自己破産と過払い金(一般論)東京の場合 - 三森 敏明 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己破産と過払い金(一般論)東京の場合

2007/05/20 17:43
(
5.0
)

 過払い金は、立派な債権として資産となります。そのため、20万円を超える過払い金請求権があるときは、自己破産申立と同時に東京地方裁判所から破産管財人が選任されて、破産管財人が会社から過払い金の取立てをします。一方、20万円を下回る過払い金の場合は自己破産申立をしても破産管財人が選任されずにそのまま破産開始決定、免責期日指定となります。私の場合は、過払い金があるとわかれば自己破産申立前に会社から全額回収し、それを破産者に渡すか(破産しても現金では99万円まで保有してもよいので)、自己破産申立の実費(印紙や郵券代、弁護士費用)などに使っております。まずは、もう一度、弁護士さんに手続について確認しましょう。自己破産申立をしていれば事件番号が付いているはずですし、えるさんに免責審尋期日の連絡があるはずですけど。

評価・お礼

える さん

もしまだ申立てをしていないのであれば
申立てる日が変わるので提出した家計簿や給料明細、通帳のコピーなどを、もう一度出さなければならないはずですよね?
普通に考えれば1度提出したものをまた書き直したり、取りなおしをさせるなんてありえないと思います。
そう考えると管財人が選任された手続きになっているのですかね?
どちらにしても連絡がないので・・・
とにかくこちらからまた聞いてみます。
ありがとうございました。

回答専門家

三森 敏明
三森 敏明
( 弁護士 )
ヒューマンネットワーク三森法律事務所 所長弁護士

あたたかみのあるお付き合い。気軽に相談できる身近な弁護士

丁寧な説明と報告、依頼者の納得のいく解決を目指します。100%の力で、全身全霊を尽くして、問題解決に努めます。損害賠償請求事件、債務整理事件、債権執行事件、刑事事件など、あなたのお悩みが大きくなる前に気軽にご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

自己破産と過払い金訴訟

マネー 借金・債務整理 2007/05/20 16:44

弁護士さんにお願いして自己破産の申立てをしました。
2月に申立てをし、4月頃に免責決定という予定だということで必要書類を送りました。
2月の終わり頃『過払い金の訴訟を3月にします』という
書面が届き… [続きを読む]

えるさん

このQ&Aに類似したQ&A

自己破産による親族間のトラブル ハイロウさん  2008-10-13 01:03 回答1件
ブラックリストでも保険の加入は可能ですか? 星矢さん  2011-02-23 21:29 回答1件
住宅ローンの信用調査で× まぁ~さん  2010-10-21 09:47 回答1件
完済後の過払い金返還請求について ことりこさん  2010-08-04 12:42 回答1件
共有名義の居住マンションの一方が自己破産 mzh1234さん  2010-10-19 12:48 回答3件