妻の自己破産 - 借金・債務整理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妻の自己破産

マネー 借金・債務整理 2008/10/29 10:03

お忙しい中 失礼いたします。いくつか質問させてください。
同僚の相談なので詳しい内容ではないのですが、妻が借金を抱えて自己破産する場合、夫にある程度の収入あっても妻だけの自己破産は認められますか?また上記の場合、夫が保証人でない時は夫婦両方の借金に関する支払い義務はなくなるということになりますか?またその場合、夫には妻の自己破産に関するデメリットは発生しますか?

キヨシブシさん ( 長崎県 / 男性 / 54歳 )

回答:3件


回答いたします。

2008/10/29 12:50 詳細リンク

夫が破産しなくとも、妻だけの自己破産は認められます。
夫が保証人でないかぎり、夫に支払義務は生じません。デメリットも原則としてありません。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


回答

2008/10/29 14:20 詳細リンク

ご質問の件ですが,1.夫に収入があっても,妻だけの自己破産は認められます。
2.夫が連帯保証人であれば,妻の借金は夫が負うことになりますが(もう少し正確に言えば,連帯保証人は主となるもともとの債務者だけではなく,連帯保証人も同じ責任を負っているので,主たる債務者が破産するしないにかかわらず支払い責任はあります),夫が連帯保証人ではない場合,そもそも支払い責任はありません。
3.ただ,夫自身が借金をしていれば,妻が自己破産したからといって,支払い責任がなくなるわけではありません。
4.妻の破産によるデメリットは夫には生じません。ただ,妻が今後数年間自己の名義で借入ができなくなりますので,住宅ローンの保証人にもなれないなど,間接的な影響は生ずる可能性はあります。


原則、自己破産は認められます。

2008/10/31 09:33 詳細リンク

吉岡司法書士事務所の吉岡と申します。

ご参考になれば幸いです。

1,原則、自己破産は認められます。夫にある程度年収があっても、夫婦は別人格だからです。
例外的に、妻の借金から相当な部分が夫に流れたと認められるような特別な事情がある場合は別です。

2,夫婦両方の借金が免責になりません。あくまでも妻の分だけです。夫も借金を消したい場合は自己破産が必要です。

3,原則はデメリットは夫に発生しません。例外的に、夫が今後借入の申込をした際に、妻の自己破産を金融機関が重要視した場合は、夫の借入の障害になる可能性はあります。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

義両親の借金 mermaidloveさん  2011-10-16 22:17 回答1件
親の借金、生活費援助 連帯保証人 haruさん  2009-02-02 09:13 回答1件
現在任意整理中なのですが、・・・ S.Gさん  2008-11-04 17:09 回答1件
義親の借金 主人の自己破産 について がけっぷちさん  2008-10-23 01:09 回答1件
自己破産した親族の保証人に なんなんさん  2006-12-27 04:11 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)