日常支障なければ問題なし・支障あれば脳外科受診を - 吉野 真人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

日常支障なければ問題なし・支障あれば脳外科受診を

2009/08/23 17:34

過去の記憶が所々抜け落ちる現象は、記憶の中でも長期記憶の一部脱落を示唆しています。その一方で日常生活に支障がないのは短期記憶、つまり今やったばかりの事やつい先ほど話した内容などに対する記憶が、しっかり保たれていることを意味します。

長期記憶が抜け落ちる現象は誰にでも日常的に発生しています。もし記憶が全く消去されずに全て残っていたら、人間の脳はあふれる情報でパンクしてしまうでしょう。それを防ぎ脳をベストの状態に保つため、要らなくなった情報を消去して自らを守っているのです。

古い記憶を整理する過程で、人間の脳は捨てる情報と保存する情報をより分けています。その際自分にとって不利な情報は優先順位が下がり、いち早く捨てられる傾向にあります。

従ってご主人の記憶から抜け落ちる情報が取るに足らない記憶だったら、特に問題はありません。ご主人の脳の自浄作用がうまく働き、有益な記憶を優先的に保存していると考えられるからです。

一方それが必要な情報、記憶までゴソっと抜け落ちて、日常生活や仕事などに支障を来たすようならば要注意です。つまり脳の情報選別能が低下し、必要な記憶を保存できない状態です。

そのような状態に陥る原因としては、強いストレスや過労、睡眠不足、全般的な体調不良などが挙げられます。もし著しく多忙でストレスが多いとしたら、仕事のペース配分や休養、ストレス緩和などへの注意が必要となります。

その場合、まれに脳の病気の可能性もあります。例えば脳血管障害、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、若年性アルツハイマー病などです。MRI撮影や脳波、脳脊髄液検査などで診断します。受診する科としては脳神経外科がお勧めです。

それから日常生活にも工夫が大切です。記憶力の充実には食生活と栄養バランスがきわめて大切で、充分量のビタミン、ミネラル、アミノ酸の摂取を心がける一方、砂糖などの糖質や加工食品の過剰摂取は避けるようにしましょう。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
( 東京都 / 医師(精神科) )
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

何科を受診すればいいのか・・・

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/08/10 02:46

40歳主人の事で お伺いします。
以前より 過去の記憶が所々 抜け落ちる症状がありました。
日常生活では 支障がないのですが、
最近 仕事面で 過去にしたはずの仕事を思い出せない。。とい… [続きを読む]

oira5050さん (兵庫県/35歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

本当にうつ病は治るのでしょうか? パープルブルーさん  2010-01-18 10:51 回答1件
うつ病なのでしょうか?? bellaandedwardさん  2009-11-20 22:08 回答1件
うつ?自分では違うとは思いますが・・・ torakazuさん  2009-09-27 14:47 回答1件