雇用保険の加入要件 - 本田 和盛 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

雇用保険の加入要件

2009/07/19 13:24

凄腕社労士 本田和盛です。

雇用保険の加入要件は、現在、下記のようになっています。
(1)6ヶ月以上の雇用見込があること
(2)週の所定労働時間が20時間以上であること

これらは雇用契約書で確認することになっています。
今回はこのうち、週の所定労働時間の算出方法についてのご相談です。

基本的には、雇用契約書や就業規則等により、その者が「通常の週に勤務すべきこととされている時間」を言います。

この場合の「通常の週」とは、祝祭日及びその振替休日、年末年始の休日、夏期休暇等の特別休暇(すなわち、週休日その他概ね1ヶ月以内の期間を周期として規則的に与えられる休日以外の休日)を含まない週をいいます。

 契約によっては、所定労働時間を週単位ではなく、月単位、年単位で定める場合もありますが、その場合は下記の通りの扱いとなります。

(1)月単位の場合
通常の月の所定労働時間を12分の52で除して得た時間を1週間の所定労働時間とします。月の所定労働時間が104時間であれば、104×12/52=24Hが週の所定労働時間となります。この場合の「通常の月」とは、夏期休暇等により例外的に長く又は短く定められている月以外をいいます。

(2)年単位の場合
年単位の所定労働時間を52で除して得た時間を1週間の所定労働時間とします。

 なお、労使協定等で「1年間の所定労働時間の総枠は・・時間」と定められていた場合でも、週又は月を単位に所定労働時間が定められているならば、週又は月を単位にした所定労働時間の算定方法となります。


相談者のケースでは、月単位のケースで算出すればよろしいと思います。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
( 千葉県 / 経営コンサルタント )
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

雇用保険について

マネー 年金・社会保険 2009/07/18 14:37

今、小さな個人の企業で、週3日×7時間のパートで契約して働いていますが、今後週4日、隔週で週5日にして、3時間から4時間で勤務してほしいといわれました。現在は週21時間契約のため、雇用保険をかけています。しか… [続きを読む]

マウント杉さん (奈良県/53歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

今のまま働くと働き損になりますか? mykrh2oさん  2011-11-10 17:46 回答2件
出産手当金と育児給付金 こうちゃんママさん  2009-04-19 21:49 回答1件
雇用保険 パンダくんさん  2008-08-08 03:02 回答1件
社会保険加入条件について tomoko.さん  2008-04-09 11:22 回答1件
過去のパート勤務時の健康保険について パートのおばさんさん  2008-03-31 01:22 回答1件