50cmにも例外があります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

50cmにも例外があります

2009/07/02 00:31

難しい問題ですね。

耐火構造で特定の地域の場合、隣地に接して建築できるケースがあります。
逆に、厳しい地域では、1m〜1.5m話さなければいけないケースもあります。

必ず、民法の50cmが適用とは限りません。
判例でもそうなっているようです。

相手も確認申請を取り合法的に工事にかかっていれば、難しい面も出てくると思います。

これ以上は私の立場では言えません。

参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

隣地の庭と接する土地に新築する際の隣地との距離

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/07/01 12:00

この度自宅の裏に新築の家がたつことになりましたが、こちらの境界線との距離が10cm位しかありません。境界線から自宅建物の距離は2m位あり、その間は畑になっています。その家が建つ… [続きを読む]

ひーくんささん (長野県/45歳/女性)

このQ&Aの回答

早急に具体的な間取りを見せてもらってください 八納 啓造(建築家) 2009/07/03 08:55
境界線の勘違いについて 佐藤 靖生(建築家) 2009/07/02 07:55
すぐにでもお話あいを。 安藤 美樹(建築家) 2009/07/02 13:20

このQ&Aに類似したQ&A

狭あい道路拡幅整備協議書について やまさつきさん  2010-03-25 13:17 回答1件
私道の占有と長屋の建て替え charuさん  2007-09-16 12:55 回答3件
43条但し書き申請が下りないおそれがある場合の設計契約の相場 ストレッチマンさん  2012-04-12 21:42 回答1件
床の断熱方法について【助けて下さい(泣】 ginoさん  2012-03-02 17:37 回答1件
ストックヤード施工について 0808さん  2010-03-15 02:31 回答1件