性格と態度は自信持ってよし・自分の時間と領域確保を - 吉野 真人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

性格と態度は自信持ってよし・自分の時間と領域確保を

2009/06/21 11:47

朝を中心に抑うつ気分が出現し、その繰り返しのために欠勤の連続につながっている状況ですが、まじめで頑張りすぎる性格や低姿勢を貫く態度が裏目に出ている様子です。その結果、午後は元気でも夜から朝にかけては疲れ果ててしまい、休まざるを得ない事態に陥っています。

ご本人は朝の不調で欠勤を繰り返す現実から「ダメだ」とお感じかもしれませんが、まじめに仕事に取り組む姿や、人に対して姿勢が低いというのは、一面ではたいへんな長所になります。その表現の仕方さえ工夫すれば素晴らしい特質になりますので、自信をもってよいと思います。

実際にかわいがってくれる上司がたくさんいるというのは、人との関わり方が本質的には間違っていない証拠です。一部の上司から嫉妬されイジメに遭うのは、人に好かれる副作用みたいなものですので、あまり気にしないのが一番です。

とはいえまじめに頑張りすぎると、心身ともに疲労が蓄積し、うつ状態や長期欠勤につながってしまいますので、やはり工夫が必要です。まずは自分の時間や領域を確保し、最低限維持することを決めてはいかがでしょうか。

具体的には、職場での休憩時間や自宅での余暇の時間を確保し、自分だけのために使います。この間は、仕事や家庭の事は考えないようにします。読書やスポーツ、瞑想、ドライブ、料理、音楽など、何でも好きなことをして楽しみます。

仕事に於いては、自分一人で抱え込んでしまわず、常に人に相談しながらやる方が得策です。もし人から頼まれて断りきれないというのなら、自分の仕事の範囲を決め、それ以上は引き受けないというルールを職場内で作るとよいでしょう。

治療方針に関してですが、強い抗うつ剤を飲んでも本質的な解決にはなりません。意外と関係あるのが生活習慣です。特に栄養バランスの乱れや低体温は、うつ病の発症や増悪につながる重要な因子です。先ずは食生活や日頃の体温をチェックすることをお勧めします。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
( 東京都 / 医師(精神科) )
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

鬱病歴10年以上です

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/06/14 21:56

通院も続け、薬も漢方を含め飲み続けていますが、全くなおる様子がありません。鬱病と付合いながら、何とかうまく社会生活を送りたいのですが、公務員のような職場でない限り、「鬱病」等と言おうものならクビにされるだ… [続きを読む]

たあさん (愛知県/44歳/女性)

このQ&Aの回答

【生活の改善を】 長江 信和(心理カウンセラー) 2009/08/25 00:53

このQ&Aに類似したQ&A

病院にいく程の事なのかわかりません ゆでだこさん  2007-07-02 21:55 回答1件
子育てと仕事に悩んでいます。 りぃあんなままさん  2015-02-18 20:54 回答1件
両親の身勝手な行動と確執 孤独なうさぎさん  2013-07-10 08:21 回答1件
うつ?自分では違うとは思いますが・・・ torakazuさん  2009-09-27 14:47 回答1件