木造住宅の耐久性 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木造住宅の耐久性

2009/04/29 08:55

のーたんママ1様、はじめまして。
私の所見を述べさせて頂きます。
国連の「住宅統計調査」によりますと、住宅の平均寿命は、日本30年、アメリカ96年、イギリス141年だそうですが、住宅の寿命を延ばすことは、環境への負荷を減らすことに繋がります。ですから、築25年の住宅をリフォームして住宅の寿命を伸ばしていくことは、とても良いことだと思っています。と、「築25年 中古住宅」で書きました。
http://profile.allabout.co.jp/fs/blissfulday-hata/qa/detail/31125
建売住宅・注文住宅・ハウスメーカーが建てたのかで、建物の内容が違ってきます。
問題は、主要構造部の耐久性ですね。主要構造部は建築物の重要な役割を果たしている部分のことですが、建築基準法2条5号では、主要構造部とは「壁・柱・床・はり・屋根・階段」であると定義されています。
木造軸組工法(在来工法)を例にした場合、ハウスメーカー・建売住宅は、主要構造部に集成材を使用している場合が多いので、25〜30年程度の寿命だと思います。また、近年「使ってはいけない木材」の集成材を主要構造部に使用しているので、20年程度の寿命ではないかと思われます。新築住宅として、割安感がある建物は、耐久性に問題があるだろうと思います。
伝統的な木造軸組工法であれば、(天然乾燥された無垢材を主要構造部に使用している)築100年・200年に至る、寿命のある住宅は現存しています。但し、人工乾燥させた無垢材は、木が呼吸しませんので、耐久性はかなり落ちるだろうと思います。
シロアリ、腐食等の問題は、木造軸組工法の場合、無垢材を使用しているのであれば、取替えも可能です。
私の所見が、のーたんママ1様の参考になれれば幸いです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

木造住宅の耐久性

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2009/04/27 00:42

築21年目の一軒家のリフォームを検討中です。
今しっかりとしたリフォームをして、一生この家で過ごすつもりでおります。
そこで心配していますのが、私が平均寿命の85歳までを考えるとあと45年ありますので、耐久… [続きを読む]

のーたんママ1さん (茨城県/39歳/女性)

このQ&Aの回答

状況によって全く変わってきますよ 八納 啓造(建築家) 2009/04/27 08:51
判断の第一は、住み続けたいかどうか 森岡 篤(建築家) 2009/04/27 10:31
木造住宅の耐久性について 漆原 智(建築家) 2009/04/27 12:11
木造住宅の耐用年数 中舎 重之(建築家) 2014/05/16 09:03

このQ&Aに類似したQ&A

中古物件購入を考えておりますが。 ぽむさん  2014-11-09 01:09 回答5件
広縁の断熱に悩んでいます ごーしゅさん  2013-01-18 20:02 回答2件
築28年木造住宅はどれくらいもちますか? 和歌さん  2008-09-20 13:08 回答2件
築40年弱の家のリフォーム ポコアポコさん  2007-09-20 01:09 回答1件
木造住宅の屋根のリフォームについて pprrさん  2016-04-19 09:01 回答3件