引っ越しの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

引っ越しの件

2009/01/29 17:27

2人の親さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『身重の妻かいるため...考えあぐねています。』につきまして、2人の手取り月収金額43万円に占める駐車場を含めた住居費用の負担割合は31%以上と、現時点でも相当な負担割合となってしまっています。

また、2人の親さんだけの収入の場合は55.8%と、収入の半分以上が住居費用に消えてしまうため、この水準になってしまうと家計を維持していくことは難しくなります。

よって、奥様が安定期に入ってから引っ越しをするようにして、住居費用の負担割合を軽減しておく必要があります。
目安としては、手取り月収金額の28%ほどとなりますが、実際には奥様とも良く話し合っていただき、妥当な家賃のところに引っ越しをしてください。

経済的な不安要因がひとつでも解決できることで、奥様も出産に専念することができると考えます。

尚、お子様がふたりとなりますので、教育資金も同時にふたり分となり、家計支出を今後圧迫されることがないようにしていただくためにも、この機会に家計収支全体の見直しも合わせて行っていただくことをおすすめいたします。
小遣いなど見直しできる支出項目があると考えます。


以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

月収が40→24万にダウンしたときの家賃について

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/29 12:45

収入がダウンしたときの引っ越しのタイミングに関する質問です。

現在、結婚3ヶ月です。
しばらくは2人で働いて、ゆくゆくは子供を作ってと思っていました。
ところが先日妻… [続きを読む]

2人の親さん (大阪府/34歳/男性)

このQ&Aの回答

早めの転居をお考え下さい 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/29 13:14
希望の条件をまとめて情報収集を始めましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/31 03:01
出産前の引っ越しを。 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/30 09:17

このQ&Aに類似したQ&A

子供が欲しいDINKSの家計・貯蓄 こまこさん  2009-03-30 17:00 回答4件
毎月赤字です。家計診断をお願いします。 mameden's momさん  2008-08-31 09:37 回答5件
現在の家計について yuri1206さん  2011-08-22 20:09 回答2件
第2子がほしいのですが、家計診断をお願いします イルビゾンテさん  2010-01-18 16:12 回答5件
子供が欲しい!でも今は待つべき・・? リナハナさん  2010-11-19 16:51 回答2件