子ども費には、2つの種類があります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

子ども費には、2つの種類があります。

2008/07/19 08:44

佐藤様、
静岡ライフプラン設計相談室の山川と申します。

子どもにかかる費用は、日々の衣食住にかかる費用と、教育費のように将来ある時期に大きな金額が必要になるものとがあります。

ある調査によると、0歳〜3歳までにかかる養育費は、年間50万円だそうです。月々約4万円ですね。
この費用を、佐藤様の現在の家計から捻出するとします。
例えば、こづかいを2万円減らし、あと2万円は貯蓄を取り崩し、夏冬のボーナスで取り崩し分を補てんするようにすれば、年間50万円を捻出できます。これは一例で、他から捻出する方法も考えられます。要は何をやめて、子ども費に振り替えるかということです。

後者の教育費については、一般的に私立学校や大学の費用は多額であり、月々のやりくりでは準備できないため、長い時間をかけて計画的に準備しておく必要があります。
私立高校は公立高校に比べ倍の費用がかかります。
大学は、国立大学なら600万〜900万円ほど、私立大学なら1000万〜1200万円が目安です。

仮に15年間で500万円を準備するには、月々2万5千円前後の貯蓄が必要です。子どもが二人になればその倍が必要です。

これから見込まれる収入の増加、佐藤様のアルバイト収入なども加味して、将来の収支を予測してみましょう。もし、貯蓄が不足するようなら、家計支出の優先順位を見直さなくてはならないということになります。
ライフプランに基づくキャッシュフロー表を作成すると、客観的に将来の予測を立てることが出来ます。貯蓄の利回り向上対策を合わせれば、希望をかなえるための方法を見つけ出して実行に移すことも可能です。
お近くの独立系FPに相談してみることは、価値ある投資だと思いますのでお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

子供はどのくらい貯金をすれば考えてもいいですか?

マネー 家計・ライフプラン 2008/07/18 18:29

はじめまして。先月、結婚した佐藤と申します。アドバイスよろしくお願いいたします。現在、200万円の貯蓄があります。☆彼(26歳)月収手取り 17万 ボーナス手取り70万/… [続きを読む]

佐藤 さん (東京都/24歳/女性)

このQ&Aの回答

扶養の条件のお知らせ、ライフプラン作成のお勧めです 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/18 21:24
子供資金の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/19 10:12
貯蓄額より貯蓄できるだけの安定した収入を 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/20 05:39

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と住宅購入について l185sgbvfさん  2010-06-22 07:50 回答12件
家計と貯蓄について さくら霞さん  2008-02-08 16:35 回答3件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
二人目の子供を妊娠中。家計は今のままで大丈夫? niconicoさん  2009-07-03 15:53 回答4件
出産後の家計診断(妻収入ゼロ期の乗り越え方) みんみんんさん  2009-06-15 19:40 回答4件