地下について補足 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

地下について補足

2008/05/16 23:36

ru-さんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

ロフト、地下の説明は、先の方の言われるとおりです。

地下について、少し補足します。
地上は木造でも地下部分は鉄筋コンクリートになること、地下部分の土を掘る土工事が発生し、土を捨てる必要があること、土を掘った時崩れないように山留め壁が必要になるため、工事費が上がります。
建坪が小さい程、工事費アップ比率が上がる傾向があります。
途中の段階で、概算を出してもらうといいですね。


地下に風呂を作る場合は、道路の排水本管よりレベルが低いため、ポンプアップで排水する必要があります。


地盤の水位にもよりますが、地下は、少なくとも雨が降った時は水位が上がるのですが、地下壁の外側(山留め壁との間)は人が入るスペースがないので、きちんと防水ができません。
地下内部にじわじわと水が入ることがあり、施工に注意が必要です。


地下のある住宅を設計する時、これらで悩んでいます。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ロフト、地下室

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/05/15 17:05

9坪の長方形の3階建てを建てる予定で図面を書いて頂いていたのですが、建ぺい率?容積率?などの関係で3階に作る予定の2つの部屋の天井が結構な割合で斜めになってしまうようで部屋の半分を(縦に)ロフト、半分を吹き… [続きを読む]

ru-さん

このQ&Aの回答

ロフトや地下室に関して 八納 啓造(建築家) 2008/05/16 11:46
地下室にはいろんなメリットがあります。 深澤 熙之(建築プロデューサー) 2008/05/17 00:25

このQ&Aに類似したQ&A

木造か鉄骨造か?建築費の違いは? りうさん  2009-08-21 14:11 回答5件
断熱材 くしろさん  2011-12-03 01:42 回答2件
築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
間口9.25m 縦22m 58.6坪の土地の設計 ちょるさん  2013-06-22 23:53 回答1件