地下室にはいろんなメリットがあります。 - 深澤 熙之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

地下室にはいろんなメリットがあります。

2008/05/17 00:25

こんばんは〜!ru-様

はじめまして、外断熱工法(外張り断熱工法)を専門にしています、昭和アルミグループ代表の深澤煕之と言います。よろしくお願いします。

基本的にロフトや地下室については先の先生方の言われたとおりでございます。

地下室についてのデメリット、メリットを少し掘り下げて説明を致します。

地下室の費用に於いては先の先生方が言われた通り、どのくらいの大きさの地下室をつくるかによって、割高になったり割安になったりします。

地下室については地上の建物と違って、コンクリートに於ける基礎工事の延長のように考えた土木基礎工事の種の工事内容と考えて良いでしょう!

簡単に言えば、土木工事で地下室を専門に作っている業者に依頼すれば、思ったより工事費用が収まったりします。

地下室の大きさによって、地下室の広さが12〜15坪のより大きい、地下室は地上の建物のコストとはそんなには大きくは変わらず、15坪より大きい16坪とか18坪以上の地下室の場合が逆に地上の建物よりは安く収まる場合があります。

10坪未満は面積的に」小さいので割高になります。

費用においては以上のようなのですが、地下室は地上にはないメリットが沢山あります。

まずは、
一.耐震性や台風、火災などに対し頑丈にできていますので安心な構造体と言えます。

二.面積が地上の坪数の50%まで面積を容積率の中に入れられるという事です。地上が27坪まで建てられるとしましたら、その50%の12〜3坪は容積率に入れて事ができますので、地上だと27坪が容積率いっぱいだとしましたら、地下室を作れば、39坪〜40坪までの面積の建物を建てる事が出来ると言う事です。

補足

三.次に地下室は意外に省エネの部屋を作る事ができ、人のいからだにやさしい快適な空間を作ることができます。昭和40年代になって、戦後20年くらい経った時、グアムで発見された元日本兵の横井庄一はご存じでしょうか??生きていたという奇跡なのですが、横井庄一さんはずぅ〜っと!洞窟の中で生活していたので、その洞窟の中の環境が人の生命を守ってきたのですね。その環境と少し似たような環境が地下室という訳です。

四.最後に地下室はその土地のまわりの環境が東京砂漠というくらいあまり良くない環境だったとしましたら、そういう世界の喧騒から遮断してくれる空間といいますか環境を作ってくれるメリットもあります。

地下室には以上上げたようなメリットもありますので、よく研究をされてご判断をされたら宜しいかと存じます。

地下室というテーマでお答をさせて頂きました。参考になれれば幸いに存じます。

下記は参考ブログサイトです。気軽に覗いてみて下さい。

昭和アルミ公式ブログサイト

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
( 埼玉県 / 建築プロデューサー )
昭和アルミ株式会社
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ロフト、地下室

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/05/15 17:05

9坪の長方形の3階建てを建てる予定で図面を書いて頂いていたのですが、建ぺい率?容積率?などの関係で3階に作る予定の2つの部屋の天井が結構な割合で斜めになってしまうようで部屋の半分を(縦に)ロフト、半分を吹き… [続きを読む]

ru-さん

このQ&Aの回答

ロフトや地下室に関して 八納 啓造(建築家) 2008/05/16 11:46
地下について補足 森岡 篤(建築家) 2008/05/16 23:36

このQ&Aに類似したQ&A

木造か鉄骨造か?建築費の違いは? りうさん  2009-08-21 14:11 回答5件
断熱材 くしろさん  2011-12-03 01:42 回答2件
築15年の木造3階建 風で揺れるのを解消したい FUJIもんさん  2014-01-09 14:00 回答1件
間口9.25m 縦22m 58.6坪の土地の設計 ちょるさん  2013-06-22 23:53 回答1件