法人化のメリット・デメリット〜法人税等 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人化のメリット・デメリット〜法人税等

2008/05/30 16:52

■法人化(法人成)のメリットは下記の通りです。

(1)会社の信用度(対取引先、対金融機関)が大幅にアップする。
(2)資本金の額が1000万円未満の新設会社は、会社の売上額に関係無く、最初の2事業
年度は消費税の免税事業者になれる。
(3)決算月を年末の12月にする必要が無い。
(4)事業の赤字の繰越控除期間が3年→7年に伸びる。
(5)事業承継時に相続税がかからない。
(6)超過累進税率が低い。
  (法人所得と個人所得の調整により節税が可能になる。)
(7)事業主・同族役員への退職金や生命保険料などを会社の経費に算入出来る。
  (また、退職所得は税金面でかなり優遇されます。)
(8)事業主・同族役員の住居を役員社宅にすることが出来る。
(9)個人事業の会社が社会保険(政府管掌健康保険、厚生年金保険)に加入した場合、従業員
は社会保険に加入出来ますが、個人事業主本人は社会保険に加入出来ない。
  (法人は当然ながら事業主も社会保険に加入出来ます。)


※もし、資金が必要な局面が想定されるのであれば、法人化したほうが良いと思います。



■法人化(法人成)のデメリット

会社の売上が1,000万円を超えている場合は、単に税金面だけを考えますと、個人事業より法人
の方が圧倒的に有利です。

(1)個人事業は設立費用や廃業費用がかからない。
(2)個人事業は屋号や事業目的などを変更しても登記手続きが不要。
  (法人は個人事業に比べると面倒な行政手続きが多い。)
(3)個人事業は従業員が何人いても“事実上”社会保険への加入を強制されない。
  (法人の場合は、社長1人の会社でも社会保険強制適用です。)
(4)法人は例え事業が大赤字でも法人住民税の均等割り(7万円)を納付する必要が有る。
(5)法人の事業主は法人の資金・資産を勝手に使うことは出来ない。
  (法人の帳簿には「事業主貸し」「事業主借り」は有りません。)


※腰を据えて事業に取り組むのであれば、法人化した方が明らかにメリットが大きい思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

カフェ2号店オープンにあたって、法人化の検討

法人・ビジネス 独立開業 2008/03/05 23:10

はじめまして。2年前に一人で作った小さな夜カフェが好調で、日によっては満員で入店していただけないことも多くなってきたため、2号店を出すことを検討しています。2号店オープンに… [続きを読む]

HOLGAさん (東京都/37歳/女性)

このQ&Aの回答

法人化について 2008/03/06 10:27

このQ&Aに類似したQ&A

カフェ開業時のデザインについて rabbit_33さん  2011-09-04 15:12 回答1件
開業予定がある場合の自宅購入について チョコットさん  2007-04-23 16:26 回答1件
地方都市で美容鍼灸サロン開業の勝算は? ponponponさん  2014-02-05 15:57 回答1件
在勤中の起業について 志さん  2013-11-14 14:27 回答3件
タイ料理レストラン sawadeethaiさん  2013-07-08 02:15 回答2件