カフェ2号店オープンにあたって、法人化の検討 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カフェ2号店オープンにあたって、法人化の検討

法人・ビジネス 独立開業 2008/03/05 23:10

はじめまして。2年前に一人で作った小さな夜カフェが好調で、日によっては満員で入店していただけないことも多くなってきたため、2号店を出すことを検討しています。2号店オープンにあたっては、資金面から法人化したほうがいいと知人にアドバイスを受けたのですが、大きな話に思え、躊躇しています。
趣味のお店を法人化することで、制限が多くなったりなど、お店の根幹に関わるようなデメリットはないのでしょうか?
私の目指すところは、心地よい空間や料理、音楽を提供して、みなさまに楽しんでいただくことです。真っ当な対価をいただけさえすれば良いので、利益の追求は第一目標ではないと考えています。恐れ入りますが、アドバイスをいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

HOLGAさん ( 東京都 / 女性 / 37歳 )

回答:2件


法人化について

2008/03/06 10:27 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、ご商売が好調とのことで2号店をご検討とのことで法人化のことですが、御将来の構想によって法人化されることも大事なことと考えられます。法人化することでも個人経営でもご商売の進め方は同じですから税務上個人と多少申告で違う程度かと存じます。私も経理の専門家でありませんので具体的な事は解りませんが法人のメリットとして節税面や経費の引き当て面で多少メリットがあるかもしれません、特に大きなデメリットは無いと思います。法人化することで対外的に又は社会的にお店を公に宣言する事なのでお友達のアドバイスの資金面の調達等は有利に成るかもしれませんね。あとはHOLGAさんが目指しているテーマはHOLGAさんが経営してゆく中で法人化したからといっても変わらないと思いますので。どちらにしてもHOLGAさんのこだわりを大事にされた方がお客様に安心を提供されますので法人化したことで特に今の現状では特別な意識を持たれなくとも良いかと存じます。

評価・お礼

HOLGAさん

松野様

ご回答ありがとうございます。法人化することによって、大きなデメリットはなさそうですね。特に、大事にしていきたいテーマのについて、法人化しても変わるような要因がないこと、安心いたしました。具体的に検討しようと思います。ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


法人化のメリット・デメリット〜法人税等

2008/05/30 16:52 詳細リンク

■法人化(法人成)のメリットは下記の通りです。

(1)会社の信用度(対取引先、対金融機関)が大幅にアップする。
(2)資本金の額が1000万円未満の新設会社は、会社の売上額に関係無く、最初の2事業
年度は消費税の免税事業者になれる。
(3)決算月を年末の12月にする必要が無い。
(4)事業の赤字の繰越控除期間が3年→7年に伸びる。
(5)事業承継時に相続税がかからない。
(6)超過累進税率が低い。
(法人所得と個人所得の調整により節税が可能になる。)
(7)事業主・同族役員への退職金や生命保険料などを会社の経費に算入出来る。
(また、退職所得は税金面でかなり優遇されます。)
(8)事業主・同族役員の住居を役員社宅にすることが出来る。
(9)個人事業の会社が社会保険(政府管掌健康保険、厚生年金保険)に加入した場合、従業員
は社会保険に加入出来ますが、個人事業主本人は社会保険に加入出来ない。
(法人は当然ながら事業主も社会保険に加入出来ます。)


※もし、資金が必要な局面が想定されるのであれば、法人化したほうが良いと思います。



■法人化(法人成)のデメリット

会社の売上が1,000万円を超えている場合は、単に税金面だけを考えますと、個人事業より法人
の方が圧倒的に有利です。

(1)個人事業は設立費用や廃業費用がかからない。
(2)個人事業は屋号や事業目的などを変更しても登記手続きが不要。
(法人は個人事業に比べると面倒な行政手続きが多い。)
(3)個人事業は従業員が何人いても“事実上”社会保険への加入を強制されない。
(法人の場合は、社長1人の会社でも社会保険強制適用です。)
(4)法人は例え事業が大赤字でも法人住民税の均等割り(7万円)を納付する必要が有る。
(5)法人の事業主は法人の資金・資産を勝手に使うことは出来ない。
(法人の帳簿には「事業主貸し」「事業主借り」は有りません。)


※腰を据えて事業に取り組むのであれば、法人化した方が明らかにメリットが大きい思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

カフェ開業時のデザインについて rabbit_33さん  2011-09-04 15:12 回答1件
開業予定がある場合の自宅購入について チョコットさん  2007-04-23 16:26 回答1件
地方都市で美容鍼灸サロン開業の勝算は? ponponponさん  2014-02-05 15:57 回答1件
在勤中の起業について 志さん  2013-11-14 14:27 回答3件
タイ料理レストラン sawadeethaiさん  2013-07-08 02:15 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)