犬の血尿 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬の血尿

2008/03/01 19:15
(
4.0
)

血尿が起こる部位として、腎臓、膀胱、オスの前立腺、尿道があります。腎臓では、腎炎、腎結石、腎臓腫瘍、膀胱では細菌性膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍、前立腺では、前立腺膿瘍、前立腺癌、尿道では膀胱から落ちてきた結石、腫瘍が上げられます。原則として、まずどの部位から終結が起こっているのかを特定しなければいけません。動物病院では、一般血液検査のほか、尿検査で、尿のph、細菌、尿結石(結晶)の有無、尿中の細胞検査を実施します。そのほか、腎、膀胱、前立腺の超音波検査、X線検査をしていきます。これらの結果から、ほとんどの場合、出血部位を特定できますので、それに合った治療に移るということになります。残念ながら、お近くに獣医さんがいらっしゃらないとのことですので、まず、お持ちのケフラールを与えてください。体重1kgあたり20mgを1日2回、これを10日続けてください。それにも関わらず、一向に血尿が改善しないとか、いったん治まったのに、抗生剤が切れるとすぐに血尿に戻ってしまったとかの場合は、結石や腫瘍の可能性が高くなります。もし、薬局があるのでしたら、ケフラールと一緒にピロキシカム(piroxicum)という抗炎症剤を与えて下さい。この薬は膀胱腫瘍の中の移行上皮癌に効きます。そして犬は移行上皮癌の多い動物です。限られた中での治療になってしまいますが、ワンちゃんのために尽力してあげて下さい。

補足

前記回答中の『原則として・・・・・特定しなければいけません』の文中の『終結』は出血の誤りです。すいません。それと、ピロキシカムを与える場合、胃粘膜保護剤を併用したほうがいいと思います。

評価・お礼

ヘラ さん

井上医師様へ

今回はご回答ありがとうございました。ケフラールとピロキシウムを与えた所2週間後位に血尿が止まりました。適切なアドバイスを心から感謝します。特にパプアニューギニアでは獣医がほとんどいないので、このサイトと貴方の適切な処方に感謝しております。

ヘラより

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

雄犬の血尿

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/02/29 21:34

パプアニューギニアからメールしています。4歳ぐらいの雄犬が最近血尿がでています。もう数ヶ月続いています。薬局からもらった薬を10日間飲ませてたのですが、良くなりません。手元にケフラールという抗生物質を持って… [続きを読む]

ヘラさん (東京都/46歳/女性)

このQ&Aの回答

Re:雄犬の血尿 苅谷 和廣(獣医) 2008/03/19 13:55
雄犬の血尿 2008/03/01 01:26

このQ&Aに類似したQ&A

老犬 急性膵炎 治療それとも・・・ ぷうママさん  2013-03-27 14:07 回答1件
脳腫瘍について tibisukeさん  2014-08-23 15:47 回答1件
犬の心臓病(?)について Mokuren2014さん  2014-06-21 23:23 回答1件
16歳のマルチーズです mikan_1234さん  2013-11-04 19:04 回答1件
本当にてんかん症状? uraponさん  2012-12-21 02:18 回答1件