残念ながら歯の神経の生死はレントゲンでは判別できません - 飯田  裕 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
飯田  裕 専門家

飯田  裕
歯科医師/医学博士

- good

残念ながら歯の神経の生死はレントゲンでは判別できません

2016/11/22 13:16

 歯を強打した際、その衝撃の度合によっては、歯が欠けたり抜けてしまうケース、外見的には問題なくても、いわゆる歯の神経=歯髄(しずい)が死んでしまうことがあります。
 歯髄の生死は「電気歯髄診」という微弱な電流を歯に流して、痛みを感じるかどうかで判定する診断機器によって判定します。レントゲンではすでに歯髄が死んで腐っている場合に根の周囲に膿が溜まるなどすれば、”死んでいる”という判断はつきますが、生死については通常は分からないはずです。

 直接拝見していないため、確定的なことは申し上げられませんが、歯髄が死んでいた場合は1カ月も経過すると徐々に歯の色が暗い色に変化してきます。これは死んだ歯髄組織が腐って分解され歯に浸みこむために起こります。そのまま放置していると変色が強くなりますし、ヒビなどからバイ菌が侵入すると、歯の内部や根の周囲も化膿してくるため、腫れや痛み、熱いものが滲みるなどの症状が出てくる場合もあります。

 治療としては腐った歯髄をきれいに除去して、根の内部を消毒・洗浄する必要があります。この治療を感染根管処置と言いますが、この治療が奏功すれば歯を保存してまた使うことができます。変色については一般的な「歯のホワイトニング」とは異なり、内部から変色している場合は「ウォーキングブリーチ法」というやり方である程度は漂白することができます。もしもご不安でしたら他の歯科医師の診察を仰いでみてはいかがでしょうか?お大事になさいませ。

茨城のインプラント専門歯科(歯科・口腔外科)/つくばオーラルケアクリニック
公式HP http://www.tsukuba-occ.com/
fb http://www.facebook.com/tsukuba.occ

ウォーキングブリーチ
変色
歯の神経
歯科

回答専門家

飯田  裕
飯田  裕
( 茨城県 / 歯科医師 )
つくばオーラルケアクリニック 開設管理者/院長
029-879-5255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

患者さんの性格や体質に合った「オーダーメイド治療」を提供

インプラント治療では、患者さんの身体的負担を軽くするため、シンプルな治療法の採用、短時間でダメージの少ない手術を実践しています。完全予約制による丁寧な診療と、近隣医療機関との緊密な連携、充実した検査体制で安全性の高い医療を提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

子供の前歯を白くしたい

心と体・医療健康 矯正・審美歯科 2016/11/21 16:44

11歳の息子が3月に転倒し前歯にひびが入り変色しています。4月7月にもレントゲンを撮りましたが神経は死んでいないと言われ、様子を見るようにと言われています。変色はひびから感染したためだろうと。
半年… [続きを読む]

あさゆきさん (東京都/38歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

子供の矯正器具 紛失 もっちんさん  2016-04-03 00:32 回答2件
子供の歯科治療について kogikogiloveさん  2016-03-18 19:33 回答1件
オールセラミック 仮歯 痛み たなべーさん  2015-08-13 03:47 回答2件
子供の右頬の腫れ mufanbakeryさん  2015-07-08 22:10 回答1件
過蓋咬合の矯正について。 dora_nihonichiさん  2014-08-06 22:32 回答1件