繰り上げ返済と貯金のバランスについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

繰り上げ返済と貯金のバランスについて

2015/09/16 15:27

ヴルさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。

『どの程度貯金を残し、どの程度住宅ローンに回すのが望ましいか、相談したく存じます。』
につきまして、

ヴルさんが現在保有している預貯金から、
将来にそなえて手元に幾らくらいのこして、
繰り上げ返済に幾らくらい充てたらいいのかにつきまして、

まず、ヴルさんは退職をしていて今までは共働きでしたが、
これからはご主人様だけの収入30万円だけになってしまうということ。

また、ご主人様だけの収入とした場合、
住宅ローンの負担割合は30.1%と少々高めの割合になってしまいますので、
家計を管理7していくうえで、
住宅ローンの負担感がこれからはある程度、感じてくるものと思われます。

さらに、今まではヴルさんも共働きだったこともあり、
日中の光熱費はかからなかったのですが、
これからはかかるようになったりもしますし、

幾らくらい貯金として手元に残し、
繰り上げ返済のための資金に幾らくらい充てるのかにつきましては、
ご主人様だけの収入とした場合の家計収支を確認したうえで、
決定していった方がご主人様もきっと納得してもらえると考えます。

ご主人様だけの収入になったので、
共働きだった頃に比べると、
貯蓄のペースがだいふ落ちてきていると思われますので、
それも前提に幾らくらい手元に残すのかを決定していってください。

一般的な考え方となりますが、
いざというときに備えて、収入の3ヶ月から6ヶ月分。
それから将来予定しているライフイベント資金の3年分程度
がひとつの目安となります。

具体的な金額はヴルさんに算出してもらうとしても、
ヴルさんのお考えの通り、3150万円も金融資産を保有しているのですから、
500万円でしたら繰り上げ返済のための資金に充ててもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別相談
繰り上げ返済
相談
ファイナンシャルプランナー
住宅ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン繰上げ返済と貯金とのバランスについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/09/16 11:07

このたびはお世話になります。
今まで共働きでしたが、妻が退職しました。
どの程度貯金を残し、どの程度住宅ローンに回すのが望ましいか、
相談したく存じます。

夫は、も… [続きを読む]

ヴルさん (兵庫県/39歳/女性)

このQ&Aの回答

繰上げ返済の判断材料について 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2015/09/16 15:37
資金計画について 小川 正之(ファイナンシャルプランナー) 2015/09/16 18:06
住宅ローン繰上げ返済と貯金とのバランスについて 柴垣 和哉(ファイナンシャルプランナー) 2015/09/16 14:52

このQ&Aに類似したQ&A

3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
住宅ローンと教育費 drink7upさん  2015-02-07 20:54 回答1件
住宅ローン借換 ヴルさん  2016-08-19 08:24 回答2件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件