お答えします - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お答えします

2006/08/03 10:11

「ふーさん」様のご質問にお答えします。

先ず親からの贈与についてですが、現在認められている親からの贈与特例の制度は、相続時精算課税制度を利用した贈与のみになっています。550万円の贈与特例は昨年までで廃止されております。

そこで、ご質問のように親からの贈与資金600万円を住宅資金に充当する場合、通常の贈与として贈与税を納付するか、相続時精算課税制度の利用のいずれかになろうと思います。

相続時精算課税制度の概要は次の通りです。
「ふーさん」様が20歳以上であれば、住宅取得資金として3500万円まで、またそれ以外の資金贈与であれば2500万円まで(但し、この場合には親の年令が65歳以上)は、親の相続時まで課税が繰り延べられ、相続財産に加算されて課税がされることになりますね。
かなり勉強されたらしいので、ご理解いただいていると思いますが、これは親の相続開始時に所有した財産額の大小によって相続税額が変わってきますので、この制度の利用の可否については試算が必要になります。

相続時精算課税制度利用に伴う確定申告時期は、所得税の申告時期(2月16日〜3月15日)と同じです。

110万円の贈与税の非課税枠を利用した方法もお考えのようですが、親から1500万円全額の借入をして毎年110万円づつ贈与を受けられるというのも方法の一つになるかも知れません。しかし、書式は整えておかれることをお勧めします。
このときは、納付すべき税額は発生しませんので申告不要になりますね。

ご参考までにご回答いたしましたす。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

親からの援助

マネー 住宅資金・住宅ローン 2006/08/03 00:33

今度,家を新築することにしました.
総額約4500万のうち自己資金として私の会社の財形貯蓄より
1000万解約し,契約の手付金などに使い,
同時に住宅ローンを3500万組みました.
その後親から
以前より私が住宅購入… [続きを読む]

ふーさんさん (福井県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

贈与税の住宅取得資金非課税制度を使った際の持分 ほえほえさん  2011-07-28 11:28 回答1件
住宅取得資金の確定申告について tomomaruさん  2011-01-30 03:14 回答2件
贈与税について itoeririさん  2012-03-07 18:37 回答1件
住宅の登記と住宅ローンの名義について my-dearさん  2008-03-15 02:35 回答2件
住宅購入の頭金と住宅資金の贈与の特例に関して ubabaさん  2012-02-22 17:49 回答1件