いつやってくるかが見える台風、万全の備えで立ち向かいましょう - 高荷 智也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:防災

高荷 智也 専門家

高荷 智也
備え・防災アドバイザー

14 good

いつやってくるかが見える台風、万全の備えで立ち向かいましょう

2013/08/01 16:22
(
5.0
)

台風は「いつ、どこに、どのくらい」の被害が乗じるか、事前にわかる気象現象です。事前に発生が分かる災害で被害を出すことは避けたいもの、万全の準備で立ち向かいましょう。またゲリラ豪雨はや局地的大雨は数時間で弱まります、直撃を受けた場合は雨宿りをしてやり過ごせると安全です。


■ゲリラ豪雨について
――――――――――――――――――――――――――――――
ゲリラ豪雨が最も発生しやすいのは夏の午後です。外出先で次のような兆候を感じたら、まもなく大雨に襲われる可能性がありますので、注意が必要です。

・巨大な積乱雲(入道雲)の発生が見える。
・突然空が暗くなる。
・雷の音が聞こえたり、光が見えたりする。
・ヒヤッとする冷たい風が吹き出してくる。
・大粒の雨や雹(ひょう)が降り出してくる。

上記のリストで、後半の兆候ほどゲリラ豪雨発生までの時間が迫っており、冷たい風が吹き出したらまもなく大雨に襲われます。

ところでこの兆候、これは「夕立」の直前と同じ現象です。ゲリラ豪雨という言葉が使われる前、この大雨はよく夕立と呼ばれていました。ところが最近、この雨がより激しくなる傾向にあり、夕立と表現できる規模を超えることが増加したため、ゲリラ豪雨という言葉が頻繁に使われるようになっています。

●街の中でゲリラ豪雨に襲われた場合は?
ゲリラ豪雨をもたらす積乱雲(入道雲)は、大雨以外にも落雷、雹(ひょう)、竜巻を併発させることがあります。ゲリラ豪雨の兆候を感じたら、即座に危険回避の行動に移ることが重要です。

短時間に猛烈な雨が降ると、都市の排水機能が追いつかずに局地的な浸水を生じさせることがあります。地下街や地下鉄の駅、また地下駐車場などにいた場合は、すぐに地上へ上がりましょう。

また大雨で道路のマンホールや側溝のふたが外れることがありますので、足下が浸水して見えない状態になっていたら、水が引くまで道路上を歩くことは避けてください。また車の運転も控えるようにしましょう。


■台風への備えについて
――――――――――――――――――――――――――――――
台風により想定される被害は次のようなことが考えられます。
・大雨による浸水
・強風による住居の破損
・インフラ途絶(停電や断水)
事前の準備は、これらをイメージして行うようにしましょう。

●雨どい、側溝、屋外の排水溝はきちんと掃除をして、水はけをよくしておきましょう。特にシーズン最初の台風が来る前には、前年からの落ち葉やゴミが詰まっていることがありますので、早めに行います。

●植木鉢、バケツ、物干し竿など、屋外にあって固定されていないものは、一時的に玄関へ待避させるか、ネットとロープを使ってしっかりと固定しておきましょう。

●雨戸やシャッターがきちんと閉まるか、事前に確認しておきましょう。物置小屋のドアがきちんとロックされるかも調べておきましょう。

●雨戸やシャッターがないガラスの窓には、地震対策もかねてガラス飛散防止フィルムを貼っておきましょう。フィルムを貼っておけばガラスが割れても飛び散ることがなくて安全です。

※飛来物などで窓ガラスが割れた場合、台風のさなかにその対応をすることはきわめて困難です。今まで一度も割れたことがないから大丈夫、と考えずに最悪のことを考えて準備することが大切です。

対策
台風
備え
災害

評価・お礼

hyohyo さん

2013/10/21 13:40

先日の台風26号が来た際にふと思い出し
評価をさせて頂きました。

本当に日々の防災、備えは大事だと思う規模の災害でした。
今後も地球温暖化により、台風が増えて行くと思います。
是非この回答を参考に、備えていきたいと思います。

高荷 智也

2013/10/21 19:04

ご評価ありがとうございます。

自分や家族の命、大切な財産を守るのはほかでもないご自身です。ぜひ事前にできる対策を行っていただき、台風を乗り越えていただければ幸いに存じます。

回答専門家

高荷 智也
高荷 智也
( 静岡県 / 防災アドバイザー )
ソナエルワークス 代表
090-4164-4596
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

備え・防災は、日本のライフスタイル。

災害大国日本において「備え・防災」はライフスタイルです。備えは、自然災害だけでなく、感染症・原発事故・経済破綻から、詐欺・リストラ・病気まで幅広く必要です。最悪に備えて楽観的に行動する、個人と家庭の備え・防災を、生活者目線で提案します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

最近の大雨と台風

人生・ライフスタイル 防災 2013/08/01 12:21

最近首都圏ではゲリラ豪雨がかなり問題となっています。
この勢いで台風まで来ると首都圏機能が麻痺してしまうのではないかと思い
とても心配です。

台風に備えて首都圏で出来る事ってどのような事があります… [続きを読む]

hyohyoさん (埼玉県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

これまでの経験に惑わされないように! 松島 康生(防災アドバイザー) 2013/08/01 18:40

このQ&Aに類似したQ&A

クッションフロアにおける、家具転倒防止対策について だいふくうさぎさん  2016-08-13 23:32 回答2件
灯油をこぼしてしまいました。 もこにゃんさん  2014-12-30 15:47 回答1件
赤ちゃんがいる家庭での地震対策はどうすればいい? ふくたろうさん  2013-01-21 14:34 回答2件
液状化対策について sakurasacraさん  2012-09-24 15:04 回答2件