「震度6弱」は、揺れの強さの階級の1つです - 高荷 智也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:防災

高荷 智也 専門家

高荷 智也
備え・防災アドバイザー

2 good

「震度6弱」は、揺れの強さの階級の1つです

2013/04/15 16:50
(
5.0
)

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の再来かと思われる地震、驚いた方も多くいらっしゃると思いますが、しばらくの間余震にはぜひご注意ください。


さて、「震度6弱」は○○と○○の間という概念ではなく、地震の揺れの大きさをしめす階級の1つで、「震度6弱」という固有の強さを表します。日本では地震の揺れの大きさを気象庁が定めている「気象庁震度階級」という階級によって、下記のような10段階に分けて表しています。

「震度0,1,2,3,4,5弱,5強,6弱,6強,7」

震度6弱というのは、この階級でいうと上から3番目に位置する、かなり大きな地震だったということになります。強・弱という言葉が付いていると、段階の間を示す概念かと思ってしまいますがそうではなく、「○弱」「○強」という階級の1つを意味しています。

なお厳密に言えば…

震度5.0以上5.5未満 →震度5強
震度5.5以上6.0未満 →震度6弱
震度6.0以上6.5未満 →震度6強
震度6.5以上 →震度7

と表されます。


ちなみに、地震そのものの大きさを示す「マグニチュード」は階級で分けられないため上限がありませんが、ある地点の揺れの大きさを示す「震度」は7が最高なので、どれほど大きな揺れが生じても震度7以上が発表されることはありません。

もちろん階級は見直されることがありますので、震度7では表現しきれない被害が生じる大震災が発生すると、新しい階級へ見直されるかもしれません。

被害
日本
気象庁
地震

評価・お礼

anco さん

2013/04/15 17:10

早速のご回答ありがとうございます!
なるほど、日本語のゆらぎの問題ではなくてそういう分類があったのですね、
よく分かりました。
とても詳しく回答をしてくださってありがとうございました。

回答専門家

高荷 智也
高荷 智也
( 静岡県 / 防災アドバイザー )
ソナエルワークス 代表
090-4164-4596
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

備え・防災は、日本のライフスタイル。

災害大国日本において「備え・防災」はライフスタイルです。備えは、自然災害だけでなく、感染症・原発事故・経済破綻から、詐欺・リストラ・病気まで幅広く必要です。最悪に備えて楽観的に行動する、個人と家庭の備え・防災を、生活者目線で提案します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

震度6弱の地震の大きさについて

人生・ライフスタイル 防災 2013/04/15 16:47

淡路島で震度6弱の地震がおこりましたが、震度6弱というのは、震度5よりは強いけど震度6までは行かない、という規模の地震ですか?また震度6強というのは、震度7までは行かないけれど、震度5よりも大きい地震、という認識で良いのでしょうか?

ancoさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

洗濯機の地震対策について だいふくうさぎさん  2016-10-19 12:58 回答1件
L字金具(下向き取り付けについて) だいふくうさぎさん  2016-08-18 23:42 回答2件
家具をL字金具で固定する場合 だいふくうさぎさん  2016-08-15 21:40 回答2件
クッションフロアにおける、家具転倒防止対策について だいふくうさぎさん  2016-08-13 23:32 回答2件
津波避難について ふきゅさん  2016-04-29 20:49 回答2件