売買契約の解除について - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

売買契約の解除について

2013/03/30 19:51

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

ご質問いただきました件ですが、質問を拝見する限り、白紙解約して手付金等の

返還をしてもらうことは可能です。

maki_0923様取り交わした契約書、重要事項説明書、または覚書等を

隅々まで拝見していないので、どこまで正確なアドバイスになるか危惧する

ところではありますが、建築プランの達成ができない場合の白紙解約条件は

通常行われている売買契約でも、ごく普通に設定されているレベルのものです。



但し、今回は土地売買とのことで、建物の建築をいつまでにするかなどは、

通常、土地のみを売買した際は取決めません。

それにも関わらず、3階建てが建築できなければ白紙解約の条件があると、

極端な話ですが5年後でも10年後でも「建築しようとしたが3階が無理なので

白紙解約」となってしまいますので、若干違和感を感じる内容に思います。



他の取決め内容で、「○○年○月○までなら白紙解約」とか、

「契約後○ヶ月以内に3階建ての建築確認の許可が下りなければ白紙解約」など、

期限を設定されていたり、何かしらの区切りを設けている場合は、

状況によっては解約できない場合もあります。


maki_0923様の不安のようであれば、当社にて相談や契約チェックなどを

承っておりますので、お気軽にご連絡いただければと思います。



以上、ご参考になりましたでしょうか。

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/  藤森哲也



また、余計な心配かもしれませんが、43条について補足に少し記載致しましたので、

参考にして下さい。

補足

今回の前面道路が「43条但書き」とありましたが、その場合は、

原則、「建築不可の土地」という説明は受けておりますでしょうか。


そのような建物を建てられない土地では、建築審査会の許可を得て、

一定の建築制限や条件を満たすことで建築することができ、そのことを

43条但書きといっています。


この許可は建築の度に必要になりますから、今回は許可が下りて建築できていても、

それが次回(建替え時)も建築可能であることにはなりません。

あくまで、「原則、建築不可の土地」には変わりがないということです。


その許可の条件については、行政によっても変わってきますが、良く見るのが、

2階建てまでという建築制限です。


もし今回の建築で、3階建ての建築が可能になってとしても、建替え時には

また、3階建てに限らず、建築自体に満たさなくてはならない条件や、

建築審査会の許可などが必要な状況ではないかと思います。


ご確認下さい。

コンサルティング
不安
確認
不動産
土地

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

43条但書道路に接続する土地の解約

住宅・不動産 不動産売買 2013/03/29 09:33

1.5ヶ月前に43条但書道路に接続する土地を売買契約をしました。
条件として木造3階建住宅の建築が出来きなければ白紙解約にする文言を
契約書に入れることにしました。

売主によると3階建住… [続きを読む]

maki_0923さん (埼玉県/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

建築条件付宅地の契約の履行の着手について イチローSさん  2010-02-28 22:47 回答1件
土地契約後の建物契約への不信について mame1120さん  2015-09-28 08:22 回答1件
土地契約後の自己都合キャンセルについて あけささん  2015-02-19 16:29 回答1件
戸建ての違約解除および違約金について momo1234さん  2011-01-23 10:06 回答1件