今回のケースであれば、繰上返済をすべきだと思います。 - 山崎 淳一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山崎 淳一 専門家

山崎 淳一
不動産投資アドバイザー

1 good

今回のケースであれば、繰上返済をすべきだと思います。

2012/04/25 11:12

初めまして、株式会社コンポートの山崎といいます。

今回のwhatnao様のケースにおいて、繰上返済をされて、残債の圧縮をすべきだと思います。

私の理論であれば、本来ポートフォリオ上の、手元の「流動性資産」を減らす「繰上返済」はお勧めしておりません。
ただし、それはあくまでも「キャッシュフローに余裕がある」「バランスシートが健全である」投資に対してです。
今回のケースは、残念ながら投資した2物件ともwhatnao様のバランスシートを毀損する「間違った投資」だったのではないでしょうか?

この場合、まず2物件の「市場取引価格」を下回るまで残債を減らすことを目標に、繰上返済をしていくべきです。

また、繰上返済の時期と金額についてですが、伺ってる内容からですと「年に1度100万円」が良いのでは内でしょうか。
30万や50万ですと効果は薄いし手間が掛かると思います。
あとは、今お手元にある金融資産(預貯金150万円 投資信託 100万円 住宅財形貯蓄 100万円程度)から200万程を繰上返済するのもお考えになって下さい。

whatnao様は、まだお若いですし、バランスシートが改善してから、次の不動産投資をされても遅くないと思います。

細かい計算は割愛させていただきましたが、whatnao様のご参考になれば幸甚です。

不動産投資
ポートフォリオ
返済
キャッシュフロー

回答専門家

山崎 淳一
山崎 淳一
( 東京都 / 不動産投資アドバイザー )
マウント・ジェイ・パートナーズ株式会社 代表取締役
03-6432-9331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

1棟の投資用不動産オーナーを目指す方をサポートします。

大手証券会社からJ-REITのプロパティマネージャ及びアセットマネージャを経て、リーマンショック以降は、個人向けに投資用不動産を扱う会社で経験を積んで参りました。投資用不動産の選定、ファイナンス、購入後の運営管理までトータルにサポートいたします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不動産投資 繰上返済 VS 次の物件の準備金

マネー 不動産投資・物件管理 2012/04/25 02:27

現在ワンルームマンションを2つ持っておりますが、どちらの住宅ローンへ繰上返済をしていったほうがいいのか、それとも、その余力金は新たな物件を購入する資金にしたほうがいいのかを迷… [続きを読む]

whatnaoさん (東京都/32歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

投資用マンションについて masterさん  2011-10-23 16:36 回答3件
投資用マンションについて masterさん  2011-10-23 00:15 回答2件
不動産投資の運用方針(売却や繰り上げ返済の時期) あいふぉんさん  2009-03-15 19:26 回答3件
投資物件を売却すべきか、完済すべきか? nonbirisanさん  2012-01-14 20:41 回答2件