それぞれのメリット、デメリット - 富樫 孝幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

それぞれのメリット、デメリット

2012/02/07 13:34

こんにちは、プラネット環境計画の富樫です。
外部露出配管にするか、内部いんぺい配管にするか、
迷うところですね。

それぞれのメリット、デメリットは

外部露出配管のメリットは、点検しやすいこと。
トラブルがあったとき、修理がしやすいこと。
デメリットは、外観上美しくないこと。

内部いんぺい配管のメリットは、外観の美観を損ねないこと。
デメリットは、点検や修理がしにくいこと。
そのため、点検口などが必要になります。

質問1については

変更が可能な状況であれば、内部いんぺい配管にすることができます。
天井と梁の間に配管が横に通るスペースがあるかどうか。
その配管が、縦に落ちるスペースなどが確保できるかどうか。

さらに床下に落ちた配管を外部に出すため、
基礎にスリーブを設けなくてはなりません。
後施工ですとむずかしい状況です。

基礎にスリーブを設けられない場合、
1階床上で外部に露出配管することになります。

それ以外に変更費用の有無。

このようなことが満たされれば可能です。

質問2については

2階の排水設備のトラップよりも上に通気管を伸ばす必要があり
パイプスペースなどを通して、外部に抜くことが出来れば
外観上、美観を損ねることはないと思います。

質問3については

トイレの排水は、汚水菅。
それ以外の水は、雑排水菅と言います。

一般的には、屋外に出てから合流させます。
排水に関しては、各自治体の施行基準に従う必要がありますので
工務店に確認されてみてください。

建物の正面や道路から見える位置に露出配管が見えるのは美観を損ねますが
見えない位置であれば、メンテナンスなどを考えると
露出配管でもいいのではないかと思います。
工事中の変更ですから、構造体を欠いたりしない配慮が必要です。

外観などのバランスの問題も含めて、もっともベストな方法を
工務店の方と相談されながらすすめてはいかがでしょう。

素敵な2世帯住宅ができるといいですね。

施工
工事
住宅
設備

回答専門家

富樫 孝幸
富樫 孝幸
( 東京都 / 建築家 )
有限会社 プラネット環境計画 代表 一級建築士
03-3363-5591
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

東京の建築家と建てる木の家づくり

自分らしく暮らせる、シンプルな家。光と風を感じる家。家族が元気に暮らせ、帰りたくなる家。そして、強いこと。そんな家を一緒につくりませんか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

2Fの排水について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2012/02/07 10:42

小さな工務店の設計施工で住宅を計画しています。

二世帯住宅で二階にキッチン・洗面・トイレ・洗濯機があるのですが、
2階からの排水管が、外部に露出になっているようです。
排水管なので、かなり太い… [続きを読む]

minminmamaさん (福岡県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

設備排水に関して 小松原 敬(建築家) 2012/02/07 12:39
優先順位の問題ですね。 中郷 洋次(建築家) 2012/03/21 19:23

このQ&Aに類似したQ&A

暖房方法について nakisasukeさん  2013-01-27 15:50 回答2件
床の断熱方法について【助けて下さい(泣】 ginoさん  2012-03-02 17:37 回答1件
耐震等級2から3への変更 nkk5555さん  2015-03-08 14:51 回答1件
三方(南西北)が家に囲まれた物件 ゆーまりさん  2014-01-22 00:25 回答2件
2世帯住宅の費用:40坪 くま。さん  2009-11-06 13:26 回答1件