保険と貯蓄は分けて考えましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大坪 弘子

大坪 弘子
ファイナンシャルプランナー

- good

保険と貯蓄は分けて考えましょう。

2011/11/04 10:58
(
5.0
)

mumumahhaさん、始めまして。
ファイナンシャル・プランナーの大坪です。

死亡時の保障、病気の保障、教育費の備えなど、
きちんと目的別に、把握しておられると思います。

死亡時の保障は、残された家族の生活保障のためですので、
お子さんお一人の場合、3000万円程度が目安になりますが、
ご家族の収入や、持ち家か、などによって、
違ってきます。

お子さんが独立されるまでの保障と割り切って、
定期保険(一定期間の保障)や収入保障保険(毎月保険金がおりるタイプのもの)などが
よいでしょう。

病気の保障は、ご本人のためのものですので、
終身保障の医療保険をお勧めします。
日額5000円~10,000円を目安にされるといいでしょう。

教育資金は、貯金と生命保険(死亡保障に上乗せ)双方で備えておく必要があります。
お子さんが18歳までに、300万円くらいを目安にされるといいでしょう。

貯蓄性を重視したいということですが、
貯蓄と保険はきりわけてお考えになった方が、
わかりやすいと思います。

保険は必要な保障を低コストで抑え、残りは貯金に回して
しっかり備えた方が賢明でしょう。

ファイナンシャル・プランナー
    大坪 弘子

生命保険
医療保険
教育資金
貯金

評価・お礼

mumumahha さん

2011/11/04 11:55

ありがとうございました。おおよその目安がつきましたので具体的に検討します。貯蓄とは切り離して考えます。

大坪 弘子

大坪 弘子

2011/11/04 13:04

評価ありがとうございます。
死亡保障の場合は、遺族年金(厚生年金、国民年金で額が違います)、
医療保障については、健康保険の高額療養費や、
傷病手当金など、まず、公的な保障を確認されてください。

民間保険で賄うのは、公的保障で足りない分にしましょう。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

保険加入について

マネー 保険設計・保険見直し 2011/11/04 10:22

生命保険への加入を考えています。42歳で10歳の子供がひとりおります。毎月の収入から保険へ回せる金額は2~3万円程度です。あまり保険に入ったことがないのでよくわからないのですが、死亡時の家族への保障、病気… [続きを読む]

mumumahhaさん (北海道/42歳/男性)

このQ&Aの回答

保険の考え方について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2011/11/04 11:04

このQ&Aに類似したQ&A

保険内容、診断願います。 kiyoyoyoさん  2010-05-30 01:18 回答11件
生命保険の見直しを考えています ナツメグさん  2009-06-17 13:36 回答7件
病気の夫の生命保険 lala7さん  2014-08-16 15:21 回答1件
二人目の学資保険&生命保険見直しについて はるかママさん  2011-11-21 00:04 回答5件
保険検討 ぷーくんさん  2010-11-20 23:46 回答3件