離婚問題の前にあなたに考えてほしい事があります。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚問題の前にあなたに考えてほしい事があります。

2010/11/21 11:11
(
5.0
)

はじめまして。

行政書士の松本です。
あなたの質問内容を拝見し、放っておけないと感じましたので、
気づいた点について、書かせていただきたいと思います。

北海道庁のサイトを見ていました。
婦人保護施設として、「北海道立女性相談援助センター」にて、
本人と同伴家族の心身の健康回復を図り、生活基盤の安定や自立生活に向けて、
様々な支援を行う旨が掲載されていました。

私は10年ほど行政職として大阪府庁で勤務していましたが、
あなたのような事情を抱えている方を、
放置する行政のあり方に、疑問を感じざるを得ません。

私に対するコメント欄が作成されるシステムになっていますので、
どこの行政機関へ相談されて、どのような理由で、
どのような事を言われたのかを、書き込んでください。

あなたも、あなたの夫も、うつ病と診断されています。
いいですか。よく考えてくださいね。

子どもの人権や福祉の観点から見ても、あなた自身の視点に立ってみても、
うつ病と診断されているあなたの病状を治ゆしていく方向に向かわなければ、
生活状況の好転や離婚問題などについて、進ませることができない状況になっていく。
何も始まらないことになりはしないかと心配しています。

> 子供の人権や福祉を無視し、親の勝手な都合で離婚して良いものなのか

子どもたちを守り続けていくためには、
あなた自身が強い状態に戻らなければならないように思っています。
現在調停中の離婚問題よりも、優先度が高い事。
それは、あなたの体と心の状態を健康な状態へと近づけていく事。

重度のうつ病であるならば、より軽度な状態に近づけていき、
通常の日常生活を無理することなく送ることができる状態となり、
主治医から、「大丈夫ですよ。」と言われるようになるまで、
回復されることのほうが大切なことのように感じています。

ご両親がおられますので、援助してもらえることが期待できると、
行政機関等において、判断されているのかもしれません。

いずれにしましても、あなたの体と心の状態を回復させる事。
この事なくして、離婚問題などを解決していくのはむずかしい。
そのように感じています。


もっと、あなたを。

あなた自身が、もっと、あなたを。

大切にしてあげてください。
 
 

支援
行政
離婚問題
健康
調停

評価・お礼

BLACK さん

2010/11/21 23:44

松本 仁孝 行政書士様

こんばんは。初めまして。
ご多忙中、私の悩みに目を通して回答頂き大変感謝致します。
ありがとうございます。

今まで私が相談して来た行政機関は以下の通りです。
全ての機関に、詳しく事情を話してます。

<電話相談>
・北海道立女性相談援助センター(年配の相談員の方)
「あら~大変ね~。酷いわね~。早く離婚して生活保護の申請したら?」
と言われたので、これ以上話しても、意味がないと思い電話切りました。

・母子寡婦福祉センター
「籍が入っている状態では当センターでは、相談は受入れられません」

松本 仁孝

2010/11/22 07:44

 
評価くださいまして、ありがとうございます。

あなたのような立場の方は、
北海道立女性相談援助センターが主力となって、
援助を行うことになっていますので、
1回かぎりではなく、何度も援助を求めていく必要があります。

北海道は、とても広いのですが、
できるものなら、病名が記載されている診断書を持参のうえ、
電話ではなく、直接出向かれたほうがいいように思います。

なぜ、助けてくれないのか。
どのようにしたら、助けてくれるのか。

この2点に集中して、尋ねてみてください。

生活保護申請を、簡単に口にするような公務員は、
責任感に乏しく、信用できません。

相談を受けるスキルの高い、
いい相談員は、必ず、おられるように思います。

「合わないな。」と感じられたら、
相談員を代えてくれるように依頼してみてください。

「私がなぜ該当しないのか。」
「どのような状況になれば該当者となるのか。」

私は、すでに、
あなたは該当している状況にあると考えておりますが、
それらの点について、今一度、ご確認ください。

北海道立女性相談援助センター。
その相談員の対応。

私も納得できません。

これから、寒くなっていきます。
北海道なら、なおさらのことだと思っております。

あなたのお体の回復状況に合わせて、
出向かれて、相談してみられることです。
行けない場合は、理由を伝えることが大切です。

今一度、確認していただきたいと思っております。


ありがとうございます。

  

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

現在、調停中・・・すいません長文です。

恋愛・男女関係 離婚問題 2010/11/21 04:51

結婚1年5カ月、一度も生活せず、生活費も貰えてません。
私の未婚で産んだ連れ子16歳(養子縁組なし)旦那との子1歳が居ます。

付き合ってた時に7~8年前に離婚しバツ1と聞いてました… [続きを読む]

BLACKさん (北海道/38歳/女性)

このQ&Aの回答

出来ることから一つずつ整理してみましょう。 小林 政浩(行政書士) 2010/11/21 22:20

このQ&Aに類似したQ&A

娘の離婚について相談します nisimukiさん  2014-02-16 12:59 回答1件
慰謝料請求について まよーさん  2010-12-04 21:37 回答1件
両親の離婚について snowrabikoさん  2012-11-03 22:53 回答2件
収入の不安定な夫からの離婚宣言 現在別居中 さみさみさん  2012-09-16 21:50 回答2件
婚姻費用について kitaji-さん  2012-09-15 23:02 回答1件