ご自身の状況が改善されているかどうか,確認してみて下さい - 国府谷 明彦 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

国府谷 明彦 専門家

国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー

2 good

ご自身の状況が改善されているかどうか,確認してみて下さい

2010/09/10 23:16
(
4.0
)

 こんにちは。カウンセリングルーム聴心館 国府谷です。精神医学や脳神経科学をベースに認知行動療法を中心とするカウンセリングをしています(医療行為は致しません)。カウンセラーの立場からは,判断することは医師法での診断に該当するため,直接的な表現は致しませんのでご了解下さい。

 10年に及ぶうつの治療生活,大変だったと思います。よく頑張られましたね。頭が下がります。同時に,この先状況が改善されるのかどうかということで,不安になるお気持ち,お察しします。

 うつ病そのものは,遺伝子的・体質的なものに起因する部分と,ストレスなどの心因性のものに起因する部分があり,それが脳内物質の異常や思考・感情の異常となって現れてくるものとされていますが,はっきりとした原因については,脳神経科学の発達を待つ状態です。

 ぴったりした例ではないのですが,わかりやすくいうと,体質的に気管支ぜんそくをもっている方が風邪をひいた状態を想像してみて下さい。とりあえずの病気として風邪の症状がありこれに対応する必要がある一方で,体質改善によりぜんそく体質を変える必要がありますね。同じように,毎日のように襲ってくる抑うつ状態は風邪のようなもの,その一方で,完璧主義や悲観的な考え方や脳内物質の状況が気管支ぜんそくにあたるでしょう。

 10年間の治療の中で,fluerflower01さんの病状はうつ病(大うつ病性障害)や躁うつ病(双極性障害)の診断基準をみたさない,気分循環症や気分変調症のレベルまで改善されているということを医師から聞いていらっしゃる。日々の落ち込みは風邪の症状のようなもの。健康な人でも風邪の症状や抑うつ気分はきついものです。でも,そんな症状とは別に,根本的な体質は改善されつつある,そんな風に考えることはできますか?

 気管支ぜんそくの人が徐々に改善されても,いきなりハードなスポーツをする訳にはいかないように,fluerflower01さんも焦らずに少しづつ体質改善を感じながら,健康な生活を取り戻されたら良いと思います。まじめに真剣に生きることは大切なことですが,頑張りすぎずに,ちょっとでも何かが良くなっていると自覚できるなら,そのあたりに状況をさらに改善するヒントがあるように思います。

補足

 ご興味があれば認知行動療法なども有効ですので,ご相談に応じます。未来が良い方向に向かうように願っております。

http://www.choushinkan.com

評価・お礼

fleurflower01 さん

回答ありがとうございます。
>気分循環症や気分変調症のレベルまで改善されて(略)
改善しているのでしょうか?以前はうつ病でしたので、いつか寛解し、問題なく日常生活が送れるようになると思っていました。しかし、なかなか寛解せず、気分循環性障害に移行し、悪化したら双極性障害となり一生服薬し続ける必要があるのかと心配になったのです。
認知行動療法は、以前主治医の勧めで書籍を読み行った事もあります。
出来事を多角的な視野で考える事は出来るようになった気がします。
ですが、抑うつの波が来てしまうと、冷静に考えた結論も落ち込みの慰めになりません。前向きに考え直しても全く楽になりません。

国府谷 明彦

コメントありがとうございます。

 ご心配になるお気持ち,非常に良くわかります。先の回答で体質の話を申し上げましたが,実は,先行きを心配されるその慎重なお気持ち自体が,体質というか気質・性格として,うつから脱却されるための最後のネックになっていると思われます。気質や性格は生まれつきのものですから,そう簡単には変えられないものです。そうしたお気持ちもふまえた上で,それでもそれを改善することが必要になると思われます。

 認知行動療法は,そうしたなかなか変えられない気質や性格にメスを入れて,マイナスとなる部分を改善していく療法です。それぞれの症状について時間をかけて習得した専門家の元ですすめられるものですから,本を呼んでぱっと変えられるようなものではありません。精神科の医師でも認知行動療法を誤解しているケースが多々あります。私どもでは,認知行動療法のうつ担当や睡眠障害担当といった形で対応しております。

 英国では,認知行動療法士が国の7年計画で養成されています。あたかも外科医と作業療法士が協同して,怪我のリハビリを何ヶ月もかけてするように,認知行動療法は数ヶ月から数年をかけて,その方の考え方や感情を改善していくものです。

 その意味で,自らご自分を変えていこうという思いがあり,認知行動療法にかけてみようというお気持ちがあるならば,ご協力できると思います。半信半疑ですと効果は望めない部分がありますので,その点申し添えます。

 お近くに本格的に認知行動療法のできるところがなければ,いつでもご協力いたします。All Aboutの私の頁から「専門家での問い合わせ」ボタンを利用してご連絡下さい。良い結果となることを願っております。

回答専門家

国府谷 明彦
国府谷 明彦
( 東京都 / 心理カウンセラー )
カウンセリングセンター聴心館 聴心館館長

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

【うつや不安・ストレスには投薬以外の治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台・大宮で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

気分循環症・うつ病は治るのでしょうか?

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2010/09/10 20:50

33歳女性です。
私は小学生の頃の性的虐待と成人後の性犯罪の影響でPTSDを発症しました。
それと因果関係があるのか解りませんが、うつ病・過食症等で20代に仕事も失い、
一時は入… [続きを読む]

fleurflower01さん (埼玉県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

他にも色々と方法がございます。ですから希望を持ってください 田尻 健二(心理カウンセラー) 2010/09/15 20:05

このQ&Aに類似したQ&A

解離?統合失調症? mai0606さん  2015-05-09 14:51 回答1件
何か精神的な病気なのでしょうか くのさん  2014-06-23 00:53 回答1件
躁うつ病の母のことで悩んでいます。 みーやんさんさん  2010-03-16 22:08 回答1件
躁鬱病と子供について はるそらさん  2010-02-07 10:24 回答1件
持続的な不安、いらいらが続く ひろやんさん  2009-11-01 16:11 回答1件