住宅ローンの借り換えの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの借り換えの件

2010/08/30 09:25

lovery_kidsさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『我が家のような僅かばかりの預金、ましてや近い将来にその預金を引き出す可能性がある場合、...借り換えメリットは乏しいでしょうか?』につきまして、lovery_kidsさんへがご検討されている住宅ローン商品につきましては、預け入れできる預貯金の残高が高いほど金利面でのメリットがより出やすいものとなります。

尚、住宅ローンの借り換えを行うことでメリットがでるための要件として、
・借入残高が1,000万円以上あること。
・返済期間が10年以上残っていること。
・住宅ローンの金利差が1.0%以上になることなどとなります。
よって、lovery_kidsさんの場合、借り換えを行ってもメリットそのものが出づらいと思われます。

具体的に計算してみると、繰り上げ返済後のローン残高2,150万円につきまして、25年完済とした場合に毎月の返済額を9万円以内に抑えるためには、住宅ローン金利として2.0%前後になります。

よって、わざわざ他の金融機関に新たに諸費用を支払ってまで住宅ローンの借り換えを行うよりも、現在利用している金融機関を引き続き利用しながら、年間貯蓄可能金額が80万円から100万円ということですから、毎年無理のない範囲内で繰り上げ返済を行っていった方がよろしいと考えます。

今後はお子様の教育資金もかかるようになりますので、教育資金とのバランスも考慮しながら繰り上げ返済を行うようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

費用
金額
住宅
期間

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

東京スター銀行への借り換えは妥当でしょうか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/08/26 11:00

地方銀行の短期固定(3年)が12月に終了します。
この3年間は金利1%だったこともあり、あえて「繰上げ返済」はしていません。

東京スター銀行の預金連動型ローンへの「借り換え」… [続きを読む]

lovery_kidsさん (滋賀県/39歳/女性)

このQ&Aの回答

借り換えの妥当性について 沼田 順(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/26 11:28
いく種類かのシミュレーションで比較確認 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/08/26 17:56

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンについて ぺこりっちさん  2013-06-15 21:29 回答2件
繰り上げ返済のタイミングについて ゆうぱぱさん  2012-12-24 06:31 回答3件
支払は可能でしょうか?(夫婦働き) rowerさん  2012-12-17 09:58 回答1件
自己資金なしで住宅購入を考えています。 kazu3090さん  2011-02-08 22:14 回答3件