パワービルダー6社が経営統合って? - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

大間 武
大間 武
(ファイナンシャルプランナー)
相馬 純
相馬 純
(保険アドバイザー)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パワービルダー6社が経営統合って?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般

 

パワービルダーとは、低価格の建売業者。

 

2013年11月を目処に6社(一建設、飯田産業他4社)が経営統合する。

 

形態は、共同持ち株会社を設立して、各社がその傘下に入るという。

 

6社の統合というのは、非常に珍しいですし、ましてや6社が上場しているとなると

 

なおさら。

 

これが実現した背景には、飯田一族が株式を保有していたことがある。

 

共通株主がいなければ、普通 話としてまとまるはずがないし動くこともないような。

 

経営統合の背景として発表された内容としては

 

以下の4つ。

 

① 人口・世帯数減少による中長期的な住宅市場の縮小

② 他業界からの戸建分譲市場への新規参入(競争激化)

③ 中古住宅リフォーム等のストック市場の拡大

④ 新興国の経済成長による新たな都市開発・住宅需要の拡大

 

そのため、コスト削減と収益力を高める必要があるという。

 

 

よく考えてみると、建売住宅業者というのは、

基本 パーツの組合せの世界であって、

 

そんなに独自性、オリジナリティの世界ではないし、

 

電機業界のような特許の世界でもない。

 

 

ある意味 統合しやすく、

 

統合によって情報を得られやすくし、

 

資金調達しやすくし、部材を安く調達し、、

 

 

統合効果が得られやすい業界かもしれませんね。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

月次決算、2017年8月の締めです。 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2017/09/01 12:35)

月次決算、2017年4月の締めです。 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2017/05/01 09:00)

月次決算、2017年3月の締めです。 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2017/04/01 11:59)

月次決算、2017年2月の締めです。 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2017/03/09 08:17)

月次決算、2016年11月の締めです。 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/01 09:21)