「もう夫には期待できないと思いました」~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「もう夫には期待できないと思いました」~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *






日々のご相談の中で、モラハラ夫に対し



「もう夫には期待してはいけないと痛感しました」


「日常生活で、夫のことはアテにできないのです」



と言うお言葉を伺うことがあります。






結婚後、出産後、

結婚前とは変わってしまったモラハラ夫との間で、


大小さまざまなトラブルを経験している

被害者妻のみなさん。




そのトラブルを通じて


「何か違うな」


「何か変だな」


とは薄々感じてはいても、


やはり結婚や出産から間もない時期であれば、

トラブルは何とか忘れて夫とうまくやって行こうと、


気持ちを切り替え対応している方がほとんどです。






そんな妻が、とうとう心の底から


「もうこの夫の事は、アテにしてはいけない」


「夫に期待するのは止めておこう」


と痛感する出来事に遭遇するのです。






例えば、子どもが急病になった時。



ある方は、

インフルエンザの子どもを病院に連れて行く為

協力して欲しいと伝えると


「子どものことはお前の仕事だろ」


と全く協力せず、

いつも通りに食事などの家事を要求されました。




ある方は、

子どもが病気で泣き喚いていると

ゲームをしていた夫が子どもの方を見る事も無く


「うるせえ!泣き止ませろ!!」


と怒鳴りつけられた。


後から病院に連れて行くと、急性胃腸炎で

この子は入院になったそうです。





単なる風邪や怪我とは違う、

いつもと違う子どもの病気という非常事態でも

自分(夫)のペースは崩さない。




こんな時でも自分が優先。




妻は驚くと同時に


「この人は自分の子どもが心配では無いのか」


と愕然としたそうです。






または、妻が病気で伏せた時。



自分が病気で辛くても、


「私(妻)のことは看病とか別に良いんです、

ただ、子どもの事だけは見て欲しかった。。」


と仰る方が多いです。





だけれど、

子どもの世話もしてくれずに


「おい、飯はどうなってんだよ!」


と、病気の妻を労わる事もしない。




「病気だからって甘えるな」


「病気はお前の自己管理が悪いせい。

家事をサボる理由にはならない。」


「不細工な顔して寝てるんじゃねーよ」



信じられない言葉が、夫の口から妻に

向けられます。





とにかく、本当に思いやりが無い。




病気と言う緊急事態に助け合う事が出来なくて、

どうして家族と言えるでしょう。



健やかなる時だけではなく、


病める時も一緒に協力してやっていこうと

誓ったのでは?






被害者妻の方は


「私が病気と言う緊急事態になって、

夫が全くアテにできなくて愕然としました。」



「これからも私に万が一のことがあった時に

子ども達どうなるんだろう、って不安で。」



「私のことはどうでも良いんだろうな、ってのは

薄々感じていましたが、

子どもの事だけはちゃんとやってくれるだろうと

思っていたのですけど。。」


口をそろえてこの様に仰います。






家族なのに、


ましてやある意味で「チーム」として、

共同作業で育児をしたり家庭運営をしていく

パートナーであるはずの夫なのに、


全く期待できない、アテにできない。




これは、被害者妻にとって

本人が思っている以上にプレッシャーや不安を

与える材料になっています。






*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

事務所のインフルエンザ対策! 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/02/08 09:06)

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

壊しても、治せるものばかりではないから~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/29 09:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

年末年始の営業について 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/26 11:06)