いま注目のネットサービスはなに? - ブログ活用 - 専門家プロファイル

和久井 海十
セルフメディアエイジェント 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

田所 麻美
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2017年05月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いま注目のネットサービスはなに?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. ブログ活用

「なんでうまくいかないんだろう...........。ごめんね、長く話しちゃって」
人気タレントベッキーが泣きながら話している印象的なCM。


見たことありませんか?


このCMは、今やfacebookに匹敵しつつある『LINE』のCMです。





その『LINE』、日本発のサービスです。
LINEは中高生にものすごく人気があるスマホのアプリで、
その構造は、facebookと同じタイムラインで表示されます。
ただ、基本的にスマホがベースで作られている点で、
PC重視のfacebookとは異なります。


ビデオリサーチインタラクティブの調査によると、
2012年2月時点と比較した場合、
2012年9月時点のスマホ所有率は7.6ポイント増加しているという結果が出ています。
女性の所有率の伸びが顕著、そして携帯電話所有率は減少傾向に。



このように今後のスマートフォン市場の拡大が予想される中、
LINEはますますユーザー数を増やしていくことになるでしょう。



ビジネスに特化した『Linked In』も今後の展開が気になるところです。


『Linked in』はコミュニケーションというよりは、
自分の職歴や履歴をプロフィールに出しておけば、
後は放っておいても良いツールです。


履歴書を開示しておいて、
興味のある人がアプローチしてくるという仕組みです。


ですので、ビジネスマンには『Linked In』をお勧めしたいですね。
ただ、日本語ユーザーが少ないのが欠点かもしれません。
英語がある程度使えたり、外資系の企業へのアプローチには有効です。
個人事業主でも良いかもしれませんね。


そしてAmebaブログの運営会社サイバーエージェントがはじめた
PC、スマートフォンに対応する『intely』。


9月14日に正式公開されたばかりのintelyは、

藤田晋社長など著名人と交流ができる
「今日の学び」をユーザーが投稿・シェアできる
それらを通じて人脈づくりやセルフプロデュースに役立てられる


ビジネスパーソン向けの実名SNSです。

いずれも、ビジネスツールとして、
これからの可能性はものすごく感じているので注目していきたいですね。


もうはじめられている方いらっしゃいますか?

このコラムに類似したコラム

あなたの好みは? LINE競合サービス② 和久井 海十 - ITコンサルタント(2013/01/21 07:00)

毎日が講演会という気持ちです 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/09/21 07:00)

1-4 活用して欲しいと思う職業! 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/19 12:33)

ハッシュタグでFacebookは変わるのか? 和久井 海十 - ITコンサルタント(2013/06/14 09:04)

クロスメディアディレクトリでリスクの少ないSEO対策を実施! 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/06/07 12:24)