片頭痛治療 - 薬・漢方薬全般 - 専門家プロファイル

桐 正和
漢方薬誠心堂 学芸大学店 店長
薬剤師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:薬・漢方薬

西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
西野 裕一
(薬剤師)
西野 裕一
(薬剤師)

閲覧数順 2017年04月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当院では、片頭痛の治療に対しても力を入れさせていただいております。


昨今では、パソコンや携帯電話などの普及によって、目の疲れや首肩こりを訴える人が増えることにより、頭痛が増えてきているのを感じます。

また、ほかにも過去の交通事故によりむち打ちになり、現在でも雨の日になると頭痛になる人やストレスや睡眠不足により頭痛が起こったりする人がいたりします。

そもそも、典型的な片頭痛では、痛みを感じる前に視覚に異常を感じたり、痛みを感じている際には気持ち悪くなったり、光や音に敏感になるなどの症状が出たりします。

そのため、不安を感じる方も多いと思います。

不安を感じる人は、まず頭痛外来への受診をお勧めします。

その際に、明らかな原因(出血や腫瘍など)が見当たらなかったら、鍼灸の出番です。


鍼灸治療は、明らかな原因がない片頭痛には症状を著しく緩和させ、片頭痛の回数を減少させることができます。

臨床治癒までに至る患者さんも多くいらっしゃいます。

もし気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。


次に、その片頭痛の患者さんに対してのお話を書かせていただきます。


30代女性

 出産後間もなくで、疲れやすく、朝が起きにくく常に眠く、イライラや立ちくらみがあり、動悸もする。肩こりが常にあり、出産前から腰痛もあった。

 


初回の治療後は、全身が軽くなり、次回の治療まで頭痛は現れなかった。

また、立ちくらみは軽くなり、イライラすることは少なくなった。

しかし、肩こりや頭重感は続いている。


2回目の治療後は、肩の緊張感はなくなり、頭も軽くなった。


今後は、体調管理で通院したいとのことでした。



このコラムに類似したコラム

自宅で簡単に出来る暖めケア 西野 裕一 - 薬剤師(2013/02/05 23:42)

ニキビが良くなってお化粧が楽しくなりました! 井上 桜 - 薬剤師(2012/05/08 19:39)

女性の天敵!? 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/03 14:54)

今から始める、花粉症対策(^^)/ 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/01 18:40)

嬉しい知らせ〜排卵障害〜 桐 正和 - 薬剤師(2013/01/30 15:18)