転職! - 就職支援カウンセリング - 専門家プロファイル

木下 孝泰
ピースネット就活カレッジ 
神奈川県
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 今回は学生ではなく、社会人の転職組の話



時代のせいもありますが、30代後半以上の方の多くは、学生時代に現在の学生達に比べると、


就活   なんて言葉も無かったけれど


に対して、努力が少なかった(必要なかった)ように思います。




また、インターネットが無かったので、情報量も少なく、自分で情報を集める努力もしてなかった人が多く居ました。



その結果、就職活動自体をいまだわかってない転職希望者も多く居る事が、失業率を上げている原因のひとつかも知れません・・・




具体的に言うと、学生との決定的な違いは書類応募の段階。


職歴の無い学生はESですが、転職組は履歴書&職務経歴書。



この職務経歴書の書き方が、あまりよくない方が結構な割合でいらっしゃいます。



私は職務経験上、過去にこの職務経歴書を何千通も見てきましたが、10秒掛からずにスルーしてしまうような職務経歴書をたくさんありました。



例を挙げると)



○ これまでに従事してきた職務内容がわかりずらい


本当に仕事をしてきたのか 疑問に思ってしまう



○ 各所に自信のなさが伺える文章


自己アピールの書類が意味を成さない




○ スポーツ関係の職種ではないのに、20数年前の学生時代のスポーツでの     経験は実績が延々と綴られている


職種に関係のない、学生時代の事を書かれてもあまりプラスにはなりません



○ 空白


(笑)実はこれ 結構多いんです


もちろん、全くの空白ではありませんが、文章量が極端に少なく、人柄はおろか、過去の職歴なんかも全く伝わりません。




全体的にいえるのは、自己アピールができていないケースが多いですね


この時代、自分に自信がない事が表れている人は難しいでしょう・・・




あと、転職組に大事なのは職種にあったスキルや経験・資格など



Web系を希望しているのに、パソコンが苦手っておかしいでしょ


より、即戦力性が求められるのだから、希望職種に関連する武器が必要



転職を決める前にそういった準備をしっかりしておく事が大事かと思います。




少し、レベルの低いお話に見えるかもしれませんが・・・



結構居るんです  そういう方が・・・



1番問題なのは、  自分が気付いてない  事・・・




学生でも、転職組でも就活前に、自分の事を客観的に見て、判断する事は大事かと思いますよ




このコラムに類似したコラム

応募書類は広告 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/08/31 19:00)

パソコンの動きが軽くなます♪ 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2012/03/24 06:00)

決まっている!面接の結果は開始5分で 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2012/03/21 06:00)

同じ事を書いていいんですか? 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2012/03/09 06:00)

転職 離婚は影響するのか? 新垣 覚 - 転職コンサルタント(2012/03/07 06:00)