英語講師としての自分の強みを磨こう! - 英語通訳者・講師育成 - 専門家プロファイル

石田 さおり
アクティブ英会話講師紹介センター 代表取締役
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語講師としての自分の強みを磨こう!

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英語通訳者・講師育成
子供英語先生のサポート

こんにちは。 管理人石田です。


昨日、私も講師として参加させていただいている「教室開業支援団体MYST」さんのブログで、とても勉強になる記事がアップされていました。


http://ameblo.jp/mystbz/entry-11190753669.html


「勇気を持ってターゲットを絞る」

というタイトルで、お教室を開講する際には、自分のターゲットを広範に取り過ぎず、コアなマーケットで勝負をしたほうが、小さなお教室では成功する可能性が高いですよ、という内容でした。


これは、必ずしも「お教室開業」に限った話ではなく、やはり英語講師という中でも同様のことが言えるのではないかと思います。


なんとなくの英語講師、よりは、たとえば「英検対策に強いです」とか「リトミックを指導できるので、英語リトミックが得意です」など、どこかご自身の得意分野やご自身の指導に対して特徴があったほうが、評判になりやすいです。


・・・・・ただし、ここで一つ落とし穴があります。


実は、先生方のなかには、どうしても「発音がきれいかどうか」ということを気にし過ぎてしまう方が多いような気がします。そして逆に、発音が良いことをご自身の特徴や武器にしたい、という方も多いです。


でも、実は発音がいいか悪いか、ということについては、いくら頑張っても、

「ネイティブにはかなわない」

のです。


もちろん、正確に、通じる発音をすることは重要ですが、日本人の英語講師であれば、目指すべきは発音ではなく、もっと違う「強み」が必要ですね。


アクティブでは、近年では小学生などの低年齢のお子様用の英検対策指導に力を入れています。

ニーズが非常に伸びている上に、英検対策のようなことは、ネイティブに勝る、日本人英語講師ならではの力が発揮できる分野だからです!



近年子供英語では「文法排除、楽しく英語を身につけて」という学び方・指導法が主流ではありますが、先生方はその指導法を抑えつつも、ご自身の中の文法知識は、ぜひもう一度しっかりおさらいをしておくと良いかもしれません。

このコラムに類似したコラム

English Diary 石田 さおり - 英語講師(2013/02/15 13:32)

ちょっとした英語が出てこない!! 石田 さおり - 英語講師(2012/06/28 17:40)

フォニックスワークショップを開催致します! 石田 さおり - 英語講師(2012/04/26 17:17)

児童英語講師養成講座について (3) 石田 さおり - 英語講師(2010/10/13 15:23)