英会話のマスターの仕方 1 - 英語全般 - 専門家プロファイル

鈴木 将樹
英語総合即戦学校 
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

伊東 なおみ
伊東 なおみ
(英語講師および日本語教師)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
伊東 なおみ
(英語講師および日本語教師)

閲覧数順 2017年02月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英会話のマスターの仕方 1

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
英語関連コラム

僕が某英会話スクールで昔働いていた時の話である。


そのころは日本はまだ景気がよかったせいのか、どうにも目的意識とかそういうものに欠けている生徒の方が多かったように思う。「英語を話せるようになりたい」、それは多くの人が持っている思いだと思うのだが、それでは英語をどう使いたいのか、どのレベルにまでなりたいのか、と聞くとあまり具体的なイメージは持っていない。誤解を恐れずに言えば、「英会話スクールに通えば、話せるようになるんでしょ。もう私お金払ったわよ」という感じの人が多かった。


お金を払うことで、もう英語が話せるようになった気がしてしまっている人が多かったのである。これはジムに通う人にも見られる。自分で何も考えることなしに、とりあえずお金を払って自分に踏ん切りをつけられれば、あとはどうにかなると思っている。


そこで英会話をマスターするために本当にすべきことを今日は書いてみたいと思う。


一番最初にすべきことは、まず、英語を使って何をしたいのか、を具体的に考える。


それによって、それではどのレベルまで英語を伸ばさないといけないのかがわかってくる。海外で仕事をしたいという方ととりあえず旅行ができればいいや、という人ではおのずと目指すものが違ってくるし、そこへたどりつくまでの過程も違ってくる。


何かをマスターするためには継続することが必要で、継続していくためにはモチベーションの維持が不可欠である。モチベーションを保ち続けるためには、目標を常に意識している必要がある。


続きは次回。

このコラムに類似したコラム

英会話のマスターの仕方 2 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/03/07 18:46)

文法をどのように勉強すればいいか 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/06/08 01:19)

TOEIC勉強法 その1 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/02/19 16:42)

現在のレッスンの空き情報です 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/04/01 20:43)

英語教材の相談会@紀伊国屋新宿南店(2/25) 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/02/22 18:00)