成功する留学 その3 - 英語全般 - 専門家プロファイル

鈴木 将樹
英語総合即戦学校 
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成功する留学 その3

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
英語関連コラム

さて、成功する留学というテーマで書いてきたが、次は留学してからの話である。


留学して、おそらく英語学校に行く人がほとんどだと思うが、ここでの注意点はとにかく日本人を避けることである。もちろん、いろんな日本人の人がいて、関わることで人間的に成長できるような素晴らしい人も中にはいる。ただ、日本人と一緒にいるようになるととにかく楽しいので、勉強そっちのけで遊ぶようになるし、英語を話す機会もなくなっていく。これでは、留学の意味がなくなってしまう。英語に自信が出てきたら、たまに日本人と遊ぶというふうにすれば理想だろうと思う。


まずは、他の国籍の留学生と仲良くなるといいと思う。アジアの留学生はたくさんいる。おたがい、英語を勉強している同士だと心も通じ合うし、ネイティブでなくても、日本語が通じない相手と英語を話すというのが重要である。焦って、ネイティブの友達を作ろうとする必要はなく、そもそも最初の段階では、英語力が低すぎて、それに付き合ってくれるネイティブも少ない。いるとすると、日本に興味を持っている親日家の人なので、そのようなネイティブが周りにいれば、それは理想である。ちなみにオーストラリアだと日本語を勉強している人が相当いるので、留学するならオーストラリアをおすすめする。これは僕が行っていたからということではなく、治安、物価の面もそうだが、このような親日家が多いというのが大きな理由である。オーストラリアは地理的にはアジアに近いのに英語圏というちょっと不思議なところだが、非常に魅力のある国だ。


まずは、他の国の留学生と仲良くなり、会話の流暢性を高める→自分の英語がネイティブのスピードについていけるぐらいになったら、ネイティブの友達を作る→自分の英語に自信が持てるようになったら他の日本人留学生とたまに遊んでもいい


という感じだろう。

このコラムに類似したコラム

TOEIC(R)初級基礎単語172(500点レベル) 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/03/06 18:30)

日本人のためのクリティカルシンキング 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/12/29 15:50)

iPS細胞とは???? 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2012/10/11 22:30)

オリンピックで英単語を吸収する 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/08/01 15:42)

トラッドジャパンで気になった表現ー金沢は見た 山中 昇 - 英語講師(2012/05/06 02:48)