ギフトに花を選ぶときに大切なこと - 絵画・アート - 専門家プロファイル

エリー・グレース
エリーズ・ニューヨーク・フローラル・デザイン 代表取締役
アートインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:絵画・工芸・フラワーアレンジメント

エリー・グレース
エリー・グレース
(アートインストラクター)
松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)

閲覧数順 2017年05月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ギフトに花を選ぶときに大切なこと

- good

  1. 趣味・教養
  2. 絵画・工芸・フラワーアレンジメント
  3. 絵画・アート
フラワーアレンジメントいろいろ

【ギフトに花を選ぶときに大切なこと】

NYからこんにちは。エリー・グレースです。

2月も間近。バレンタインが近づいてきました。

バレンタインと言えば、赤いバラ。


と、思っていませんか?


アメリカでは、愛を告白する日だから、
赤い薔薇が登場するんですねぇ。

チョコレートはお友達に~って感じ?
いや、お世話になった方へ、と。

~・~・~・~

いや、今日は、
バレンタインに限らず、
花を贈ろうと思ったときのポイントを。




何も思い浮かばないから、
「花でも贈ろうか、」と思って
ピックアップした花束は、ふーん、そんな感じ~。

でも、その方を思って、
「どんな色がいいかな、どんな花が似合うかな」と
思って選ぶ花は、すごーく素敵です。

つい、一言、差し上げるときに口から出ますよね、
その花を選んだ基準とか。

「あ、この花がお好きだって聞いたから」とか
「この色がとてもお似合いだと思って」とか。

それが、効くんですよ、相手に。
通じるんです、気持ちが。


ギフトを差し上げる時は
その方をイメージして色を選んでみるのもいいですね。

お花屋さんに頼んでみて、その色にあう花束を作ってもらうのも
いいでしょう。


ナマの花は生きていますから、
特に気持ちが伝わるような気がします。



このコラムに類似したコラム

花束掲載中! 松本 邦子 - フラワーアレンジメント講師(2013/04/16 17:39)

2月レッスン1-2014 松本 邦子 - フラワーアレンジメント講師(2014/02/07 22:15)

撮影 松本 邦子 - フラワーアレンジメント講師(2013/11/19 22:18)

アーティフィシャルフラワー・オーダーキャスケードブーケ 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/09/17 15:30)

初夏の花色 松本 邦子 - フラワーアレンジメント講師(2013/06/05 20:34)