ITを活用できない一番の理由 - システム選定・導入 - 専門家プロファイル

小笠原 宏之
IT・インターネット戦略のオガコムジャパン 代表取締役
千葉県
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ITを活用できない一番の理由

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. システム選定・導入
情報システム戦略 システム開発と運用

経営が厳しい中、情報システムに投資は出来ないという経営者の方の話を
聞いた事があります。確かにまとまった費用が掛りますので、その方の
気持ちも判りますが、実は、こんな時だからこそ、企業の底力を蓄える
ために、情報システムの力を借りるべきです。

情報システムの導入は、単に目先の業務の無駄を減らすだけではなく、
業務の流れの見直しと明確化で、今まで当たり前と思っていた経費を
根本的に減らす切欠となります。

ある会社で、情報システムの改訂を実施した際、現状の業務フローを実は
誰もしっかりと把握していなかったという事例がありました。
手作業で進めていた時代の業務の流れを、全く疑う事も無く継続してきた
のです。情報システムの導入を検討することは、この様な先入観を打破
することです。

この試みは、社員の意識を変えます。
自らが業務改善、つまり経営に関与できていると誇りを持つ様になります。
そして、自らの力で企業力を高める為に何をすべきか考え出します。
この様な、社員が生れてこない企業は、既に動脈硬化を起こしています。
悪い例ですが、新たな取り組みの芽を摘んでしまう上司も数多くいます。
保身のため、自分が理解できない世界が社内に生れる事を極力避け、変化
を望まない人物も社内に多くいるのではないでしょうか。
この様な勢力が出来あがってしまている企業は一気に衰退します。
もし、情報システム、つまりITを活用できていないと感じたのなら、
その様な見えない力が働いていると思って良いでしょう。
経営者ご自身がその中心にいるケースも多々ありますので、もう一度、
自社の現状を見直してみてください。今後、更に競争が激しくなります。
情報システムの導入で一歩でも前にでることをお勧めします。 

<ご質問はこちらから:ogas@ogacom.jp

このコラムに類似したコラム

第264号:ギヴ・アンド・ギヴ 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2011/02/03 10:50)

自分で動く。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/05/31 08:17)

中小企業がクラウド活用で成功するポイント その7 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2011/11/06 00:00)

中小企業がクラウド活用で成功するポイント その1 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2011/10/31 07:00)

クラウド革命がもたらす未来の経済と社会の変化 その3 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/11/29 07:00)