排除命令を受けても懲りない企業 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

山藤 惠三
山藤 惠三
(クリエイティブディレクター)
澤田 且成
澤田 且成
(ブランドコンサルタント)
松本 美和子
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

排除命令を受けても懲りない企業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現
今週の折込チラシにて、以下のような広告表現が記載されておりました。

その化粧品を使用することで、


「-5歳若返る」
「小じわ へ」
「たるみ に」
上記のような効果がでる。

この3つの表現は、法律上違反でしょうか、違反ではないでしょうか。
結論から申し上げると、すべて薬事法違反となります。

具体的な解説は、次回のメールマガジンにて公開致します。
メールマガジン登録

ルールがある以上、その中でベストパフォーマンスを出そうと各企業がまっとうに知恵を絞っている中で、業界大手の企業がこのような広告を出してよいのでしょうか。

この展開した企業は、健康食品・通販化粧品の最大手で、かつ、2月中にも別商品にて「排除命令」を下されています。

ルールを守った上で展開をする、それが本当の「商い」だと思っております。



メールマガジン登録

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム