長次郎の幾何学茶碗と安藤忠雄 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士
東京都
建築家
03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

斉藤 克雄
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)
斉藤 克雄
斉藤 克雄
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年11月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長次郎の幾何学茶碗と安藤忠雄

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
雑誌・新聞 メディア掲載

長次郎の茶碗に「むき栗」という不可思議な茶碗があります。

長次郎は、茶の湯の大成者である千利休に従い赤樂茶碗、黒樂茶碗を造り後の樂焼を始めた陶工。

先日、東京国立博物館で目にする機会がありました。

なぜ、不可思議かと言うと、茶碗の胴から上の部分が方形、下から底までが半球形。立方体と円球が重なった形。どこからお茶を飲むの?という疑問もありますが、そもそもこの造形が、コンセプチュアルアートのごとく、抽象的な造形で。

建築でこの形は中々無いな、ひっくり返す形はよくあるけれど。。。。。と思いつつ、いや。。。オスカー・ニーマイヤーぽいかな?などとも。

大学で建築を学び始めた頃、安藤忠雄さんを知り、学生には人気で皆が研究するのですが、造形の手法が、むき栗的。円、正方形、長方形、3角形などの抽象的な図形(空間)を重ね、重なりのすき間に何かが生まれるという、造形の手法で、一見単純な手法なだけにとっつき易かったんですね。

手法は単純ですが、生まれてくるモノの凄みはむき栗と同様。

形をつくるということの、面白さ・不可思議さがこの茶碗から伝わって来ます。

 


株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士

「あなたらしい、世界の一つだけの家」を実現

「あなたらしい、世界の一つだけの家」を実現するため、細やかな「収納計画」、「光と風」を取り入れ、「素材」と「間取り」の工夫で、心地よい住む方らしい家づくりをしています。住宅・デザイナーズ賃貸・クリニック・老人ホーム、東京都の建築設計事務所。

03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「雑誌・新聞 メディア掲載」のコラム

海外の住宅デザインって?(2017/08/21 18:08)

きょうの料理(2016/09/08 04:09)

海外デビュー(2016/08/19 01:08)

建築雑誌に掲載(2015/05/30 19:05)

海外デビュー!(2015/05/10 19:05)

このコラムに類似したコラム

幸せはシンメトリーの法則の中にあります。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2013/01/23 12:00)

◆苦手意識は、もったいない! 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2012/12/08 22:29)

天井と壁面の見切りについてのお話し 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2012/07/17 12:00)

とかく殺風景な「壁面」をお洒落にアレンジ! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2011/05/21 23:00)