【住宅ローン 超長期固定金利は史上最低を継続 】 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役
東京都
公認不動産コンサルタント
03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【住宅ローン 超長期固定金利は史上最低を継続 】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

6月に入り、三菱東京UFJ銀行は、(5月に続き)通常の超長期固定金利35年を団信込で、史上最低の年『1.11%』としました。

団信分を金利換算すると0.36%とのことですので、団信分を引くと、0.75%です。

団信が別のフラット35が(物件価格の9割以下の場合)35年で年1.10%、9割超で年1.54%、また、 メガバンクではみずほ銀行が団信込35年1.53%、三井住友銀行が35年1.59%ですので、三菱東京UFJ銀行の35年1.11%が、いかに低いのかがわかります。

三菱東京UFJ銀行の変動金利も含めた通常の場合の審査金利は現在3.1%ですので、(少し前には4%で、その後3.5%になり、現在とうとう3.1%)、審査にもかなり寛大な状況です。

(みずほ銀行の審査金利は3.5%で、三井住友銀行の審査金利は4.0%です。ただし超長期固定の場合は、審査金利も1.59%だったりします。)

マイナス金利導入後に、審査が厳しくなることも懸念しましたが、現在は、まだ、厳しくなっていません。(むしろ、緩くなっています。)

この状況、かつて、日本では経験したことのない状況です。

 

Copyright © Kazuhito Goto. all rights reserved.  

(本コラムの無断転載・引用はご遠慮下さい。)

 

 

■「資産価値が落ちない、安全な家(戸建・マンション)を買うために、必読の1冊!

 『東京で家を買うなら』 ~人生が変わる!戦略的『家』購入バイブル~ → http://www.amazon.co.jp/dp/4426118581/ 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認不動産コンサルタント)
株式会社フェスタコーポレーション 代表取締役

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

本来、不動産は心を豊かにするもの。そんな不動産の何となく見えにくい部分を公正・透明に、わかりやすい言葉で説明し、依頼者様が安心して楽しく、必ず目的を達成できるように、家族が取引する時のような気持ちでアドバイスさせていただいております。

03-5911-7200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「マイナス金利」がもたらす、マンション購入者にとってのデメリットとは? 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2016/03/30 12:00)

【住宅ローンのプロが診断!】これから購入する住宅ローンの返済は大丈夫?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/08/23 15:00)

【プロが診断します!】今から買うマンションや建売の住宅ローンは適切か? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/03/07 20:00)

ちょっと待った! その買替えは損をしますよ... 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/08/17 18:11)

ちょっと待った! その買替えは損しますよ!! 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/03/08 09:26)