家族のためにとしたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉① - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家族のためにとしたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉①

- good

 

確定申告の時期です。

ここ数年、いつも締切ギリギリでしたが

今年はすでに提出済み

 

1月分からちゃんと整理しておけば

 

1日でちゃんと終わるんですよね

 



と、いうことで今日は離婚業務のうち

 

確定申告がらみで

 

私が残念だなぁ~と感じていることです

 

 

結婚をして、家族が増えて

 

家をローンで購入し、2~3年。

 

このような状況で離婚することになったら・・

 

やはり問題は「家をどうするか」

 

例えば・・・

お子さんが小さくて、

 

妻の収入が低くて

 

住宅も住宅ローンも夫名義という場合。

 

 

・離婚で子供たちの住環境が変わるのはかわいそう。

 

・子供たちには大きくなっても戻れる「実家」を

 

残してあげたい。

 

・妻には安心して子育てしてほしい。

 

そういった考えから

 

妻と子供がそのまま家に住み続けることを考える・・

 

というご主人がいらっしゃいます。

 

そのために妻に住宅を名義変更したいけれど、

 

妻の収入が低くて住宅ローンを引き継げない。

 

そんなときは、

 

「住宅ローンの支払いが終了したら

 

住宅の名義を妻に変更」

 

という取り決めをします。

 

本来、住宅ローンの債務者の夫は

 

その住宅に住んでいるべきなのですが、

 

離婚して夫が家を出る、でも住宅ローンはそのまま夫が支払うと

 

いうケースは金融機関も認めてくれる可能性が高いです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。