二十四節気最後の締めくくり「節分」 - 婚活全般 - 専門家プロファイル

社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師
東京都
マナー講師
080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

二十四節気最後の締めくくり「節分」

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
講習

2月3日は「節分」です


豆まきなさいましたでしょうか

最近は大きな声で「鬼は外 福は内」をいうのも何だかきがひけてしまいますね

豆まきよりも「恵方巻き」でしょうか

無言で大きなのり巻きを一息に食べる姿も

なかなか恐ろしいかもしれません

「恵方巻き」の方がご家庭では人気ですね

「豆まき」は幼稚園か神社にでも行かないと見られなくなりましたね

皆様の家ではいかがですか



節分というのは 季節の節目のことですから 

実は 春 夏 秋 冬 4回あるのです

立春 立夏 立秋 立冬のそれぞれの前日です 


現在では 立春の前の日だけを特に言うようになりました


宮中の「追儺」と言う儀式が「節分」のルーツです

「ついな」と読みます

これは 旧暦の12月30日 (大晦日)に宮中で行われる年中行事でした

平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式です

「鬼やらい」「儺(な)やらい」とも呼ばれていました


季節の変わり目というのは 邪気に満ちやすいとされます

また一年でも 最も寒いこの時期

豆まきをして 家中の邪気を祓うという

家族のことを想う儀式なのですね






写真は先日の国際交流での室礼です


豆には 霊力が宿ると言われていました

魔滅(まめ)とあてたからですね



柊の尖った葉とイワシの頭は 鬼も嫌うようです

本当は家で豆を煎って 

豆まきをするのが良いのですが

柊を軒先に吊るしている家を見なくなりました


一方「恵方巻き」は人気ですね


この風習は江戸の終りから明治にかけて

大阪の商人が考えだした習慣だそうです

ちなみに今年の恵方は南南東だそうです



豆まきの習慣も残してほしいですね

かけ声は地域により様々です

「鬼は外 鬼は外! 福は内!」

京都の冷泉家では 

「福は内 福は内! 鬼は外!」

観音様では鬼はいないとされ

「福は内!」

そうそう

ゆるキャラグランプリで頑張っていたかんなちゃんは

カンナの花の妖精ですから

鬼も妖精の仲間なので

「福は内!」とだけ言っているようです





皆様の家では 何と唱えますでしょうか?


豆をまいた後は その年にとる年の数だけ 豆を食べます

「数え歳」の考えですね

一年中 無病息災だと言われています


外に撒いた豆は

冬の間食べ物が少ない鳥たちの食べ物にもなるのだと

子どもの頃思いました


翌2月4日は「立春」です




昔は立春を一年の始まりと考えて

この日から数えて 

農耕の取りかかりのひとつの指標としたようです

夏も近づく~「茶摘み」の歌にも出て来る 

「八十八夜」「二百十日」 もこの「立春」から数えています

また新しい節目の始まりです

「春よこい」






一般社団法人橘流恕学(jyogaku)アカデミーhttp://tachibanaryu.net/


一般社団法人橘流恕学アカデミーでは、マナー研修・茶道・和文化などを通して
「恕」の精神を伝えています
「恕学」とは「自分を受け入れること」「相手を受け入れること」「互いに想いを馳せ合うこと」「相手の身になる」を実践して豊かな人生を送るための学びです
 

橘 凛保(Riho Tachibana)





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マナー講師)
社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師

孔子の教え「恕」の精神を科学で紐解くマナーコーチング講師

単なるマナー講座ではなく、マナーを身につけること、所作や姿勢を変えることで、生き方を変える「マナーコーチング」を実施。自信をもち、人生を生き生きと生きるための「TOCfEコーチング」を実施。悩みをご自身で分析するファシリテーターをつとめます。

080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「講習」のコラム

宮島の頂上にお参り(2017/08/14 15:08)