(写真)歯の隙間がかなり開いております。矯正方法は? - 歯列矯正 - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(写真)歯の隙間がかなり開いております。矯正方法は?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 歯列矯正
審美歯科、矯正歯科の質問と回答 すきっ歯、正中離開(せいちゅうりかい)、空隙歯列

【質問】
歯の隙間がかなり開いており何度か見てもらいましたが
直す踏ん切りがつかず今回矯正しようと考えてますが
治療法は矯正ワイヤーでしょうか


【回答】
画像を拝見しますと、上下の前歯に歯間離開が見られます。
このケースにおいて考えられる治療法は、上下の歯列矯正(ワイヤー矯正)また はセラミッククラウン法となります。
歯周組織の状態が良ければワイヤー矯正が理想的な治療法となりますが、歯周病 の進行程度が大きい場合にはセラミッククラウン法が適用されます。 どちらの 治療法が適しているかはレントゲン診査が必要です。

ワイヤー矯正は歯に装置を取り付け、歯を移動させながら歯並びや噛み合わせを 整えます。
治療期間は2年前後で費用は90~100万円となります。

また、セラミッククラウン法は歯を削り、そこにセラミックを被せて固定します。
期間は2~3か月で、歯並びや歯の色・形などの審美的要素をトータルに改善しま す。費用は1本10万円~となっております。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム

このコラムに類似したコラム