「料理上手な男性」とお付き合いするなら? - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
阿妻 靖史
阿妻 靖史
(パーソナルコーチ)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「料理上手な男性」とお付き合いするなら?

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
女性が婚活を頑張る際、

交際中の男性に結婚を意識してもらうためには、
日常的に「美味しいお料理」をふるまうことが、非常に大事です。


と、僕は常々お話しており、それを裏付けるようなご報告もたくさん頂いております 例:ご婚約者&ご成婚者様からのお便り >>
http://dr-martin.jp/blog-category-4.html

「お料理の大事さ」をわかりやすくお話しますと、お料理をしない女性が「結婚したら作ります」と仰るのは、無職の男性が「結婚したら働くから」と言うのと同じ次元なのです。もし、無職の男性に求婚されて「結婚したら働くから!」と言われたら、「先に就職してから言ってちょうだい!」と言いたくなると思います。そういう感じなのです。

さて、そんな中、こんなお話があります。

「私の彼は料理人なので、お料理が上手なんです」
「私の彼はお料理好きで、私よりも上手なんです」

いずれも、「だから、私は今まであまり料理をしていない」「私はあまり料理が得意でない」という話になるのですが、それはマズイだろう……と僕は思うのです。例えば、料理人の彼と結婚したとして、家でも彼に料理をさせるのはどこか違うと思うのです。彼が料理人で自分よりも料理が上手なら、その彼に「おお!美味しいじゃん!」と褒めてもらえるように頑張って欲しい、そう思うのです。

どんな場合も大原則、女性が結婚を目指すなら、まず必須はお料理です。

頑張りまりょう

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。