えっ!英語で仕事?「困ったな~」と思ったら… - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年11月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

えっ!英語で仕事?「困ったな~」と思ったら…

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

前回、英語で受けるコーチングと、日本語でを受けるコーチングの違いについて書かせていただきました。

これを読んでいる方の中には『英語を使う仕事が来そう』とか、『もうじき海外出張がある』という方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそういう方にメッセージを書きたいと思います。

恐れずに、英語を使ってください。間違えて大丈夫です。

何でこんなことを書くかというと、私が「もっと間違っておけばよかった」と今さらながら思うからです。

私が初めて行った海外出張先はシンガポールでした。行くのもひとり、現地でも日本人はわたしだけ。

アウェイで緊張するわ、逃げ場はないわで、いつもの10倍疲れます。

しばらくはおとなしくしていました。周りの人たちが偉く見えてきます。辛いなあ…

ところがしばらく内容を聞いていると、みんなが完璧な英語を話しているわけじゃないことがわかってきました。

方言、訛り、文法間違いなんて普通。全員がネイティブスピーカーとは限りません。

それどころか、ネイティブの人だって間違ってる。そして、どう見ても外人の私に、

「スペル、これであってたっけ?」

と聞いてくる。

おいおい…

香港でアジア・パシフィックの研修の仕事をしている友達は、

「日本人のアイデアは素晴らしいんだ。でも、なかなか発言してくれないのが残念」

と言っていました。

理解しようする人は、言葉じゃなくてその奥にある伝えたい内容を聞いてくれます。

あなたは必要だから、そこに招かれているわけです。

海外では泳ぎがままならない人を、プールに放り投げるようなそんな英語学習法が主流です。

今、この瞬間に使える英語で言い、うまくいかなかったら、後で調べればオーケー。

間違いと上達度はある時期まで比例しているものです。

グレータープレゼンス(横浜元町)星 和美
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ
PMPプロジェクトマネジメントプロフェッショナル
国際NLP協会認定NLPトレーナー

 ◆強みがわかるメール講座
 ◆クライアントさまの実例
 ◆クライアントさまの声
 ◆サービスメニュー
 ◆お問い合わせ

横浜を基点に、関東以外からもキャリア・強み・英語に関するご相談をいただいています

 |  コラム一覧 |